「居眠り紋蔵」「八州廻り桑山十兵衛」の佐藤雅美さん、死去

幕末「円ドル」戦争 大君の通貨『物書同心居眠り紋蔵』、『八州廻り桑山十兵衛』、『縮尻鏡三郎』などの人気シリーズをもつ、時代小説家の佐藤雅美(さとうまさよし)さんが、7月29日に死去されていたことが講談社より発表されました。病気療養中だったとのこと。享年78歳。

佐藤さんは、1941年1月、兵庫県生まれ。早稲田大学法学部を卒業し、会社員や雑誌記者、フリーライターを経て、デビュー作『大君の通貨』で1985年に第4回新田次郎文学賞を受賞。直木賞候補になること10回で、1994年には『恵比寿屋喜兵衛手控え』で、第110回直木賞を受賞しました。

初期には、『大君の通貨』や『薩摩藩経済官僚 回天資金を作った幕末テクノクラート (後に『調所笑左衛門』に解題)など、歴史経済小説を発表しました。

直木賞受賞の前後から、『半次捕物控』、『物書同心居眠り紋蔵』、『八州廻り桑山十兵衛』など、エンターテインメント性の高い時代小説シリーズを相次いで執筆し、人気を博しました。

それらの作品の特長として、登場人物たちが繰り広げる人間模様に加えて、物語の中に、江戸時代の司法、警察制度や医療、金融、学問など巧みに織り込まれ、緻密な時代考証が楽しめる良質な大人の時代小説であることがあげられます。

謹んで故人のご冥福をお祈りします。

→直木賞作家の佐藤雅美さん死去 78歳、「物書同心居眠り紋蔵」|神戸新聞NEXT

■Amazon.co.jp
『物書同心居眠り紋蔵』(講談社文庫)
『影帳 半次捕物控』(講談社文庫)
『八州廻り桑山十兵衛』(文春文庫)
『幕末「円ドル」戦争 大君の通貨』(文春文庫)
『恵比寿屋喜兵衛手控え』(講談社文庫)
『調所笑左衛門―薩摩藩経済官僚』(人物文庫)