2019-08-25

捕物

米騒動に震撼する堂島蔵屋敷で手代が殺しが…。大坂編第2弾

辻堂魁さんの文庫書き下ろし時代小説、『天満橋まで 風の市兵衛 弐』(祥伝社文庫)を入手しました。 本書は、前作の『縁の川』に続き、唐木市兵衛で親友の《鬼しぶ》こと、渋井鬼三次の息子・良一郎とともに大坂で活躍します。 定町廻り《鬼しぶ》の...