2019-01-27

剣豪

覚山を襲う刺客、江戸の夜に跋扈する辻斬。波乱の始まり

荒崎一海さんの文庫書き下ろし時代小説、『寺町哀感 九頭竜覚山 浮世綴』(講談社文庫)を入手しました。 本書はチャンバラと謎解きと深川の人情が楽しめる、「九頭竜覚山 浮世綴」シリーズの第3弾です。 主人公は、学問一筋の兵学者、九頭竜覚山が...
スポンサーリンク