2016-10-04

時代小説

時代小説で、江戸時代の甲府城をたどる

甲府城は、武田信玄の死後、豊臣氏の大名の浅野長政らによって築城されました。 その後、江戸時代に入ると、徳川家康の九男徳川義直や三代将軍家光の弟徳川忠長、家光の三男の徳川綱重らが甲府の領主となりました。そして、五代将軍綱吉の側用人である...
Twitter

2016年10月04日のツイート

@jidaishow: 時代小説で、江戸時代の甲府城をたどる URL @jidaishowさんから 2016-10-04 20:54:02 via Twitter Web Client
スポンサーリンク