2007-07-21

捕物

ますます面白くなる「あくじゃれ瓢六」シリーズ

諸田玲子さんの『こんちき』を読む。『あくじゃれ瓢六捕物帖』に続く、色男の小悪党、瓢六が活躍する痛快時代小説シリーズの第2弾である。シリーズの第2作目というのは、とても重要な位置にあると思う。シリーズ化が成功するかどうかの決め手になっている...