2007-08

市井人情

臥煙と呼ばれる火消しを主人公にした時代小説

浅黄斑(あさぎまだら)さんの『衣紋坂の時雨 湯島・妻恋坂ごよみ』を読んだ。浅黄さんは最近注目している時代小説作家の一人。今回は、臥煙(がえん)と呼ばれる定火消の火事場人足が主人公。臥煙は荒くれ者が多くて、只飲み只食いは日常茶飯事で、銭さし...
捕物

粋で凝った職人技が光る、「宝引の辰捕者帳」

泡坂妻夫さんの『鳥居の赤兵衛』を読む。北町奉行所同心・能坂要のもとで働く腕利きの岡っ引き、神田千両町の宝引の辰親分が活躍する捕物シリーズ「宝引の辰捕者帳」の第5弾である。表題作のほかに、「優曇華の銭」「黒田狐」「雪見船」「駒込の馬」「毒に...
市井人情

「闘牛と時代小説」、『万両ノ雪』のあとがきが圧巻

佐伯泰英さんの『万両ノ雪』を読む。NHK木曜時代劇も好評の、人気シリーズ「居眠り磐音 江戸双紙」の第23弾。おこんを連れて豊後関前で、仮祝言をあげて江戸へ戻る途次の坂崎磐音。江戸では、南町奉行所年番方与力の笹塚孫一が六年前に捕縛した盗賊、...
武家

若草姫で面白さアップの「湯守り日記」

高橋義夫さんの『若草姫』を読んだ。やむを得ない私闘を咎められ勘当同然に肘折温泉の湯守りとなった新庄藩士(正しくは次男で部屋住み)の花輪大八を主人公にした「花輪大八湯守り日記」シリーズ第2弾。雪深い湯治宿にやってきた姫君の持つ草子『若草もの...
ミステリー

新キャラクター入れ歯師登場

和田はつ子さんの『すみれ便り』を読んだ。江戸の歯医者さん、口中医の藤屋桂助が治療に推理に大活躍する「口中医桂助事件帖」シリーズの第5弾である。桂助を房楊枝職人の鋼次と医師の娘・志保が助ける三人のチームワークが心温かくなるシリーズに、新しい...