シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

本多政重という魅力的な武辺者

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

安部龍太郎さんの『生きて候』を読み終えた。「美しく己の命を使い切れ!」「生き急いでも、死に急いでもならぬ」という養父・倉橋長右衛門の遺した言葉を胸に、戦国から江戸初期を武辺に生き、義に生きた男の半生を描く傑作歴史時代小説。

政重は、家康の名参謀・本多正信の次男(長男は本多正純)にして、槍奉行倉橋長右衛門の養子だが、故あって徳川秀忠の近習・岡部庄八を斬り捨て徳川家を出奔する。意地と野心を胸に慶長の役(秀吉の二度目の朝鮮出兵)に身を投じる。前田利家の密命を帯びて朝鮮半島に渡った政重が見たものは……。

本多政重は実在の人物だが、安部さんが描くところの政重は武辺者であり、スーパーヒーローだ。武芸の達人であり、戦国時代の遺風を持った義に厚い人物として、とにかくかっこいい。なにしろ、徳川家の先手組の槍組の代表として、鉄砲組の代表と馬上で決闘するシーンから物語は始まるほど。

隆慶一郎さんの『一夢庵風流記』に登場する、豪勇無双のかぶき者・前田慶次郎利益を想起させる。そういえば、どちらも前田家に深く関係する人物という共通点がある。

本多政重は、『本多の狐』や『竜の見た夢』(いずれも羽太雄平さんの作品で、絶版で入手困難)でも描かれている。また、『蜻蛉剣』にも政重の子孫が登場し、政重の話が出てくる。今最も気になっている人物の一人だ。

生きて候(上) (集英社文庫)

生きて候(上) (集英社文庫)

生きて候(下) (集英社文庫)

生きて候(下) (集英社文庫)

一夢庵風流記 (新潮文庫)

一夢庵風流記 (新潮文庫)

一夢庵風流記 (集英社文庫)

一夢庵風流記 (集英社文庫)

竜の見た夢 (講談社文庫)

竜の見た夢 (講談社文庫)

蜻蛉剣 (徳間文庫)

蜻蛉剣 (徳間文庫)

コメント

  1. 羽太娘 より:

    父の名前をググッてみたら辿り尽きました

    『本多の狐』や『竜の見た夢』って入手困難なんですか?
    我が家にイッパイあります.....。

  2. jidai-show より:

    羽太雄平さんの時代小説は伝奇性があって、良質なエンターテインメント作品が多くてファンです。『本多の狐』は第2回時代小説大賞(1991年)受賞作で、『竜の見た夢』はその続編。現在、絶版(もしくは品切れ増刷予定未定)状態です。時代小説ブームの今、復刊したら、もっと売れると思います。