スポンサーリンク

「闇を斬る」シリーズ第3弾にワクワク

直心影流の遣い手、鷹森真九郎が活躍する「闇を斬る」シリーズの第3弾『四神跳梁(ししんちょうりょう)』を入手。新進の時代小説作家、荒崎一海(あらさきかずみ)さんによる、このシリーズの魅力は読み味の良さ。初期の佐伯泰英さんの時代小説に通じるものがある。

タイトルにある「四神(しじん)」は、東西南北を表す、青竜、白虎、朱雀、玄武のこと。江戸の東、深川の南六間堀町で、金貸しの座頭が愛妾とともに惨殺され、証文とともに多額の隠し金が盗まれた。犯行現場の襖に、墨痕鮮やかに“青竜”と大書された半紙が貼ってあった……。

チャンバラシーンの迫力や闇の組織が跳梁する伝奇ものっぽい謎に満ちた展開も気に入っているところ。江戸の平穏を揺るがす謎の徒党、闇の組織と対決する、主人公の真九郎がどんな活躍ぶりを見せるのか、今回も期待感が高まる。

四神跳梁―闇を斬る (徳間文庫)

四神跳梁―闇を斬る (徳間文庫)