希代の英雄か、偏屈な激情家か。西郷どんの二つの顔に迫る

西郷どんの真実歴史家安藤優一郎さんの『西郷(せご)どんの真実』(日経ビジネス人文庫)が刊行されました。2018年大河ドラマの主人公、西郷隆盛の知られざる人物像に迫る歴史読み物です。

将たる器を備えたヒーローか、それとも毀誉褒貶の激しい劇場なのか? 二度にわたる島流し。三人の妻と五人の子供。明治維新の立役者で、藩内の権力闘争に勝利し、新政府の内政トップに上り詰めながら、西南戦争を機に朝敵に転落――。西郷隆盛の人生は謎に満ちている。


目次
序章 西郷どんは、どんな人物だったのか
第1章 雌伏の日々
第2章 政局の表舞台に
第3章 とことん好かれるか、とことん嫌われるか
第4章 官軍の将として
第5章 薩摩藩消滅
第6章 朝敵への道――西南戦争の謎
終章 西郷伝説と明治維新

『幕末維新 消された歴史―武士の言い分 江戸っ子の言い分』『勝海舟と福沢諭吉―維新を生きた二人の幕臣』『徳川慶喜と渋沢栄一―最後の将軍に仕えた最後の幕臣』など、明治維新により歴史の敗者に転落した徳川家に連なる側からみた「消された歴史」を解き明かしてきた作者が、本書では歴史の勝者側からみた「消された歴史」に焦点を当てています。

明治維新最大の功臣で政府のトップに上り詰めながら、西南戦争を機に賊臣に転落。
西郷の人生を追っていくことで、世間のイメージとかけ離れた顔が見えてきたり、謎に満ちた行動も明らかになっていきます。

西郷隆盛の写真は一枚も残っていません。その容貌は、イタリア人画家キョッソーネによる肖像画や上野公園の銅像からうかがい知るのみです。
西郷の写真をモチーフにして、風野真知雄さんの『西郷盗撮』のような歴史ミステリーも生まれています。

本書は、『西郷隆盛伝説の虚実』(2014年5月・日本経済新聞出版社刊)を加筆修正したもの。

■Amazon.co.jp
『西郷どんの真実』
『幕末維新 消された歴史―武士の言い分 江戸っ子の言い分』
『勝海舟と福沢諭吉―維新を生きた二人の幕臣』
『徳川慶喜と渋沢栄一―最後の将軍に仕えた最後の幕臣』

『西郷盗撮 剣豪写真師・志村悠之介』


「2017年9月の新刊 上」をアップ

京の絵草紙屋満天堂 空蝉の夢2017年9月1日から9月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年9月の新刊 上」を掲載しました。

『京の縁結び 縁見屋の娘』で、第15回『このミステリーがすごい!大賞』(2017年)を受賞してデビューした三好昌子さんの最新刊、『京の絵草紙屋満天堂 空蝉の夢』が刊行されます。

過去を封印し、京都の寺子屋で子ども達に学問を教えながら穏やかに暮らしていた行馬。
ある日、懇意にしている本屋・満天堂書林の主から、 京の案内本の執筆を頼まれる。
挿絵は京で一番の人気を誇る冬芽が担当することになるが、行馬は冬芽が抱える心の闇、そして病を知り……。
いっぽう、町で片腕だけ切りおとされる辻斬りが重ねて起こり、被害者がかつての仲間だったことを知る。
さらに現場からは“女人が泣いたような声がした”と聞き、行馬はかつて自分が罪無き人々を斬ってきた刀「般若刀」であることを確信する。
行馬は盟友とともに、京で出会った大切な人々を守るため、自分を騙る下手人を捜しはじめる。


ライトで瑞々しい感覚にあふれていながら、ぐいぐい引き込む面白さを兼ね備えた前作に続く時代ミステリー。内容紹介に触れただけで、読むのが楽しみになってきます。

■Amazon.co.jp
『京の絵草紙屋満天堂 空蝉の夢』(宝島社文庫)
『京の縁結び 縁見屋の娘』(宝島社文庫)

→2017年9月の新刊 上