2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

文庫●2022年12月中旬の新刊

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

時代小説●文庫新刊情報|2022年12月中旬の新刊(11日→20日)

2022年12月11日から12月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

光文社文庫
木下昌輝さんの『戦国十二刻 始まりのとき』
守護である土岐頼芸を討たんとする斎藤道三。そのもとに土岐一族の重鎮の首を持参したという十兵衛なる侍が現れるのだが……。秘められた因縁を描く「因果の籤」ほか、毛利元就、竹中半兵衛ら名だたる武将たちの運命を決定づけた二十四時間。
応仁の乱から関ヶ原の合戦まで、戦乱の時代を貫く因果を、大胆な歴史解釈と緻密な構成で活写する全八編収録。

藤原緋沙子さんの『江戸のかほり 藤原緋沙子傑作選』
出版社の枠を越え、人気時代作家・藤原緋沙子さんの代表シリーズの一篇を集めた傑作集。
縁切り寺の御用宿を舞台にした「隅田川御用帳」、江戸で珍しい女性医者を主人公に据えた「藍染袴お匙帖」、“窓際同心”の活躍を描いた「橋廻り同心・平七郎控」、行方知れずになった妻を捜す浪人が主人公のシリーズ「浄瑠璃長屋春秋記」。

時代小説文庫
柴田よしきさんの『あんの明日 お勝手のあん』
一人前の料理人として歩み始めたおやす。彼女の前には見慣れぬ食材への挑戦、調理場での出会いなど新しい出来事が次々と起こっていきます。
そんな日々の中、料理に興味を持ち始め歩み出したとめ吉と二人で考え出した料理は紅屋の新たな名物となってゆきます。お勝手のあんシリーズ第7弾。

双葉文庫
浮穴みみさんの『楡の墓』
札幌開墾を主導する大友亀太郎と、従事する青年の行く末を描く表題作。開拓長官・黒田清隆と札幌農学校初代教頭・クラーク博士が船上で繰り広げる教育論争「七月のトリリウム」など、開拓期の北海道を舞台に描く短篇全五編を収録。

千野隆司さんの『おれは一万石【二十三】 西国の宝船』
数々の困難を乗り越えて無事高岡藩主の座に就いた正紀。決意も新たに藩内の改革を推し進めるべく、人事に着手しますが、能力を重視する方針を打ち出したことで、その処遇を巡って不満を持つ者が出て、思わぬ軋轢が生じてきました。
人心掌握の難しさに直面した正紀は、難局を乗り切ることができるのでしょうか。

芝村凉也さんの『北の御番所 反骨日録【六】 冬の縁談』
かどわかしの一件の後、屋敷に籠もって姿を見せなくなった隣家の娘・茜。案じる裄沢広二郎の耳に、茜の縁談の噂が飛び込んできました。その相手は、過去に二度も離縁している南町の中年同心だった。そんな中、八丁堀の屋敷の門前に立ち裄沢の帰りを待つ若侍の姿が……。
道理に合わなければ上役にも臆せず物申す、やさぐれ同心の奮闘と奉行所内の人間模様を描く、今、注目の奉行所小説第6弾。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●12月12日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『ぶらり平蔵 決定版【12】奪還』吉岡道夫『ぶらり平蔵 決定版【12】奪還』
『若殿はつらいよ 謎の秘唇帖』鳴海丈
『最強の虎 隠密裏同心 篠田虎之助』永井義男『最強の虎 隠密裏同心 篠田虎之助』
『お世継姫と達人剣 越後の百合花』八神淳一『お世継姫と達人剣 越後の百合花』
●12月12日発売 青春出版社・青春文庫
『仮説の日本史 定説では解けない謎の真相に迫る!』歴史の謎研究会編集『仮説の日本史 定説では解けない謎の真相に迫る!』
●12月12日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『江戸絵画 八つの謎』狩野博幸『江戸絵画 八つの謎』
●12月13日発売 光文社・光文社文庫
『夜桜 吉原裏同心(17) 決定版』佐伯泰英『夜桜 吉原裏同心(17) 決定版』
『無宿 吉原裏同心(18) 決定版』佐伯泰英『無宿 吉原裏同心(18) 決定版』
『戦国十二刻 始まりのとき』木下昌輝『戦国十二刻 始まりのとき』
『暁の雹 其角忠臣蔵異聞』小杉健治『暁の雹 其角忠臣蔵異聞』
『くれないの姫 はたご雪月花』有馬美季子『くれないの姫 はたご雪月花』
『江戸のかほり 藤原緋沙子傑作選』藤原緋沙子『江戸のかほり 藤原緋沙子傑作選』
『従者 鬼役伝(四)』坂岡真『従者 鬼役伝(四)』
●12月13日発売 KADOKAWA・富士見L文庫
『榮国物語 春華とりかえ抄 七』一石月下『榮国物語 春華とりかえ抄 七』
『暁花薬殿物語 第八巻』佐々木禎子『暁花薬殿物語 第八巻』
●12月15日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『(新装版)妖かしの子 妖国の剣士(2)』知野みさき『(新装版)妖かしの子 妖国の剣士(2)』
●12月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『あんの明日 お勝手のあん』柴田よしき『あんの明日 お勝手のあん』
『小雪ずし 料理人季蔵捕物控』和田はつ子『小雪ずし 料理人季蔵捕物控』
●12月15日発売 講談社・講談社文庫
『奇譚蒐集家 小泉八雲 終わりなき夜に』久賀理世『奇譚蒐集家 小泉八雲 終わりなき夜に』
『乱れ坊主 公家武者信平ことはじめ(十一)』佐々木裕一『乱れ坊主 公家武者信平ことはじめ(十一)』
『潜入 味見方同心(五) 牛の活きづくり』風野真知雄『潜入 味見方同心(五) 牛の活きづくり』
●12月15日発売 双葉社・双葉文庫
『楡の墓』
→記事:「2022年12月中旬の新刊(文庫)」をアップ
浮穴みみ『楡の墓』
『若さま同心 徳川竜之助【十二】-双竜伝説 <新装版>』風野真知雄『若さま同心 徳川竜之助【十二】-双竜伝説 <新装版>』
『おれは一万石【二十三】-西国の宝船』
→記事:人事刷新が新たな火種、藩士造反。どうする? 新藩主正紀
千野隆司『おれは一万石【二十三】-西国の宝船』
『蘭方医・宇津木新吾【十五】-老中』小杉健治『蘭方医・宇津木新吾【十五】-老中』
『「三河雑兵心得」読み始め3巻セット』井原忠政『「三河雑兵心得」読み始め3巻セット』
『新・浪人若さま 新見左近 【十二】-すももの縁』佐々木裕一『新・浪人若さま 新見左近 【十二】-すももの縁』
『北の御番所 反骨日録【六】-冬の縁談』
→記事:『文蔵2023.1・2』は、新世代のミステリー作家に大注目
芝村凉也『北の御番所 反骨日録【六】-冬の縁談』
●12月16日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2023.1・2』
→記事:隣家の娘の醜聞に、はぐれ者の親心。今、注目の奉行所小説
「文蔵」編集部編集『文蔵2023.1・2』
●12月16日発売 アルファポリス・アルファポリス文庫
『久遠の呪祓師――怪異探偵犬神零の大正帝都アヤカシ奇譚』山岸マロニィ『久遠の呪祓師――怪異探偵犬神零の大正帝都アヤカシ奇譚』
●12月16日発売 静岡新聞社
『新版 ニッポン歴史の宿 文庫版』O・スタットラー著、三浦朱門訳『新版 ニッポン歴史の宿 文庫版』
●12月20日発売 集英社・集英社オレンジ文庫
『掌侍・大江コウ子の宮中事件簿 参』小田菜摘『掌侍・大江コウ子の宮中事件簿 参』
●12月20日発売 集英社・集英社文庫
『与太郎侍 江戸に花咲く』井川香四郎『与太郎侍 江戸に花咲く』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年12月の新刊 上(1日→10日)2022年12月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2022年12月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年12月の新刊(1日→末日) 2022年12月1日から12月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...