『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

鬼平犯科帳 1

鬼平犯科帳 1
鬼平犯科帳 1
(おにへいはんかちょう1)
池波正太郎
(いけなみしょうたろう)
[捕物]
★★★★☆☆☆ [再読]

10年ぶりぐらいで読み直した。初読のときには気づかなかったいろいろな発見があって、満喫し、またはまりそうになった。盗賊紳士録や、鬼平食べ物マップ、鬼平江戸切絵図など、いろいろ遊べそうだ。

それぞれの話が巧みに連携しあって、リング状態で、本当にすごい。後期のチームワークの妙とは別の味が楽しめた。

物語●「唖の十蔵」火付盗賊改方の同心・小野十蔵は、市中探索中に小間物屋の女房おふじと出会った…。「本所・桜屋敷」密偵岩五郎は、野槌の弥平一味の〔小川や梅吉〕を本所で見かけたという…。「血頭の丹兵衛」血頭の丹兵衛を名乗る凶悪な盗賊が江戸を荒らしまわったが、密偵粂八は不審に思った…。「浅草・御厩河岸」密偵岩五郎が営む居酒屋に乞食坊主がよろめくようにやってきて水を求めた…。「老盗の夢」老盗・簑火の喜之助は、亡くなった情婦の墓参りでその女と出会った…。「暗剣白梅香」長谷川平蔵は、夜道で着流しに黒覆面で妖しい芳香を漂わせた男に斬りかかられた…。「座頭と猿」座頭彦の市は、妾の間男に嫉妬していた…。「むかしの女」長谷川平蔵は、昔世話になった女・おろくに二十余年ぶりに出会った…。

目次■唖の十蔵|本所・桜屋敷|血頭の丹兵衛|浅草・御厩河岸|老盗の夢|暗剣白梅香|座頭と猿|むかしの女|解説 植草甚一

カバー:玉井ヒロテル
解説:植草甚一
時代:「唖の十蔵」天明七年春、「本所・桜屋敷」天明八年一月、「浅草・御厩河岸」寛政元年、「老盗の夢」寛政二年、「座頭と猿」寛政三年、「むかしの女」寛政三年
場所:「唖の十蔵」新鳥越町、亀戸。「本所・桜屋敷」南割下水、出村町。「血頭の丹兵衛」清水門外、東海道・島田宿。「浅草・御厩河岸」三好町、下目黒村。「老盗の夢」京・五条橋東詰、四谷伝馬町一丁目。「暗剣白梅香」汐留橋、深川石島町。「座頭と猿」四谷麹屋横丁、麻布飯倉三丁目。「むかしの女」船松町、本所四ツ目ほか
(文春文庫・457円・74/12/25第1刷、99/11/25第55刷・301P)
購入日:00/02/06
読破日:00/02/12

Amazon.co.jpで購入