2019-07-20

武家

家斉の三つの遺命を帯び、御庭番村垣範正が奔る

誉田龍一さんの文庫書き下ろし時代小説、『最後の大疾走 御庭番闇日記(三)』(双葉文庫)を入手しました。 本書は、御庭番の家に生まれながらも、箱館奉行や外国奉行、神奈川奉行を歴任して、遣米使節団の副使としてアメリカに渡たるなどの活躍をした幕...
新刊情報

「2019年7月の新刊 下」をアップ

2019年7月21日から7月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年7月の新刊 下」を掲載しました。 今回は角川文庫から刊行される、新美健(にいみけん)さんの『炙り鮎 内藤新宿〈夜中屋〉酒肴帖』に注目していま...
スポンサーリンク