本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

1997-09

コラム

七つ、寅の刻、四字?

芝、田町の鋳掛屋庄五郎が川崎の厄除大師へ参詣すると云って家を出たのは、元治元年三月二十一日の暁方であった。もちろん日帰りの予定であったから、かれは七ツ(午前四時)頃から飛び起きて身支度をして、春の朝のまだ明け切らないうちに出ていったのである...
2011.06.26