文庫●2020年8月下旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年8月下旬の新刊(21日→月末)

2020年8月21日から8月31日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

中公文庫の新刊では、中村彰彦さんの『疾風に折れぬ花あり(上)-信玄息女 松姫の一生』が刊行されます。

信玄の五女として生まれた松姫は、織田軍の侵攻による武田家滅亡の直前、かろうじて甲州を脱出しました。非運にもかかわらず、凜然として生きた美貌の姫君の生涯を描いた長編です。

角川文庫の新刊も楽しみです。

鷹井伶さんの『お江戸やすらぎ飯 芍薬役者』は、疲れた心と体を優しい料理で癒す、グルメ時代小説の第2弾。人に足りない栄養を見抜く才能を生かし医学館で学ぶ佐保は、人気役者・夢之丞の気鬱を料理で癒す大役を任されました。

稲葉稔さんの『大河の剣(一)』は、武州の村の名主の子に生まれながら、剣で自分の道を切り開こうと奮闘する若者を描く、文庫書き下ろしの新シリーズです。

新潮文庫から出る、霧島兵庫さんの『信長を生んだ男』に注目しています。

織田信長の英邁な弟、信行は、兄に自分に欠けている天下統一を成し遂げようとする覇王の資質を見て、身命を賭した絶望的な戦いに出ました……。

今村翔吾さんの『襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』祥伝社文庫から刊行されます。

大人気の江戸火消時代小説「羽州ぼろ鳶組」シリーズ、待望の新刊。18年前の悪夢と炎の嵐が再現されるような大火が尾張藩江戸屋敷を襲います。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●8月21日発売 中央公論新社・中公文庫
『まんぷく旅籠 朝日屋-ぱりとろ秋の包み揚げ』高田在子『まんぷく旅籠 朝日屋-ぱりとろ秋の包み揚げ』
『疾風に折れぬ花あり(上)-信玄息女 松姫の一生』中村彰彦『疾風に折れぬ花あり(上)-信玄息女 松姫の一生』
『疾風に折れぬ花あり(下)-信玄息女 松姫の一生』中村彰彦『疾風に折れぬ花あり(下)-信玄息女 松姫の一生』
『新装版-お腹召しませ』浅田次郎『新装版-お腹召しませ』
●8月22日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2020.9』
→記事:『文蔵 2020.9』のブックガイドは、五感で感じる「旅小説」
「文蔵」編集部編『文蔵2020.9』
●8月25日発売 KADOKAWA・角川文庫
『文庫版 妖怪の宴 妖怪の匣』京極夏彦『文庫版 妖怪の宴 妖怪の匣』
『天使・雲雀』佐藤亜紀『天使・雲雀』
『白き面に、囚わるる 陰陽師・安倍晴明』結城光流『白き面に、囚わるる 陰陽師・安倍晴明』
『お江戸やすらぎ飯 芍薬役者』
→記事:医学館で働き学ぶ、佐保の薬膳料理が疲れた心と体を癒す
鷹井伶『お江戸やすらぎ飯 芍薬役者』
『向島・箱屋の新吉』小杉健治『向島・箱屋の新吉』
『大河の剣(一)』
→記事:一途でやんちゃな少年・大河は、一番の剣術家を目指し江戸へ
稲葉稔『大河の剣(一)』
『政略結婚』高殿円『政略結婚』
『ヒストリア 上』池上永一『ヒストリア 上』
『ヒストリア 下』池上永一『ヒストリア 下』
●8月25日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『古事記の神々 付古事記神名辞典』三浦佑之『古事記の神々 付古事記神名辞典』
●8月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『目利き芳斎 事件帖1 二階の先生』
→記事:まだらの腰紐? 江戸のシャーロック・ホームズ、見参!
井伊和継『目利き芳斎 事件帖1 二階の先生』
『龍王の譜 剣客大名 柳生俊平16』麻倉一矢『龍王の譜 剣客大名 柳生俊平16』
『無邪気な助っ人 大江戸けったい長屋2』沖田正午『無邪気な助っ人 大江戸けったい長屋2』
●8月28日発売 新潮社・新潮文庫
『信長を生んだ男』
→記事:若き日の信長のライバルで理解者、実弟織田信行の真実
霧島兵庫『信長を生んだ男』
●8月28日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』
→記事:「2020年8月下旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:伝説に火消を失った大火から十八年。炎の中から現れた男は?
今村翔吾『襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年8月の新刊 中(11日→20日)2020年9月の新刊 上(1日→10日) →

単行本★2020年8月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年8月の新刊(1日→末) 2020年8月1日から8月31日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...