Go to 山梨。富士山の文化遺産を学ぶ。

常磐ホテルの離れ回廊

常磐ホテルの離れ回廊

「Go to 山梨」の続き。
甲府では、常磐ホテルに泊まりました。
広大な日本庭園と囲碁や将棋の対局場所として有名なんだそうです。
(宿泊者向けの館内ツアーに参加して知りました)

重大なタイトル戦の終盤で対局場所として選ばれることが多く、「決着の常磐ホテル」と呼ばれ、館内には歴代のタイトル戦の対局写真や、棋士たちの揮毫など戦いの足跡が見られる「名人の小径」というギャラリーもあります。

近いのうちに、藤井聡太二冠のタイトル戦が行われ、「名人の小径」に封じ手が飾られるかもしれませんね。
そうしたら、また訪れてみたい、ちょっとミーハーな気分になりました。

【公式サイト】甲府・湯村温泉 常磐ホテル|山梨 武田信玄の歴史とぶどうの里
総創業80有余年、3,000坪の日本庭園、それを望める露天風呂。政府登録国際観光旅館の常磐ホテル。将棋の竜王戦・王座戦も行わ、甲府駅すぐそば。EV充電スタンドも完備。日帰りプランあり。予約TEL【055-254-3111】受付時間9時-17時

富士塚

ふじんさんミュージアムのエントランスに登れる富士塚がありました

2日目は、路線バスを乗り継いで富士吉田市の「ふじさんミュージアム」を訪れました。

ふじさんミュージアムは、2013年、富士山は「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録されことを機に、富士吉田市歴史民俗博物館をリニューアルオープンしたミュージアムです。
世界文化遺産の中核をなす富士山信仰に関する資料をメインに展示されています。

富士講について学び、ミュージアムショップで、『「富士山道しるべ」を歩く 改』を入手しました。

ふじさんミュージアム
富士吉田市が運営する、富士山及び郷土に関する歴史的資料及び文化遺産などを展示している博物館

『「富士山道しるべ」を歩く 改』万延元年(1860)に刊行された、江戸から富士山へ向かう道(富士山道)のガイドブック『富士山道しるべ』に、現在の地図を添えたり、豊富な図版を加えて土地の説明やルートガイドを掲載したりして、富士山道を歩く人にピッタリです。

ミュージアムから再び路線バスに乗り、北口本宮冨士浅間神社へ。
世界文化遺産「富士山」構成資産の一つで、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、天孫彦火瓊々杵尊(てんそんひこほのににぎのみこと)、大山祇命(おおやまづみのかみ)を御祭神とする神社です。

参拝した後、御師旧外川家住宅(おしきゅうとがわけじゅうたく)を見学しました。
御師とは、富士山への信仰登山をする人々に自らの住宅を宿坊として提供し、登山の世話を行っていました。単に案内をするだけでなく、祈祷を行い、寺院や神社に参拝する人々と神仏の仲立ちをする宗教者も兼ねていました。

金鳥居から南に御師町があり、最盛期には86軒の御師の宿坊が立ち並んでいたそうです。
ちなみに伊勢詣の世話役は「御師」と書いて、「おんし」と読みます。

富士山を描いた歴史時代小説というと、嶋津義忠さんの『起返の記 宝永富士山大噴火』が思い出されます。
宝永四年の富士山大噴火と復興までの長い道のりを描いた長編小説です。

起返の記 宝永富士山大噴火
起返の記 宝永富士山大噴火 (おきかえりのき ほうえいふじさんだいふんか) 嶋津義忠 (しまづよしただ) ★★★★☆☆ ♪およそ300年前に起こった富士山大噴火と、火山灰の災害を受けながらも復興に向けて立ち上がった人々...
Go to 山梨。近代文学館で「まるごと、林真理子展」を閲覧
長かったステイホーム生活を終えて、「Go To トラベルキャンペーン」を使って、甲府と富士吉田に行ってきました。 昨年の暮れ以来となる久々の泊りがけの旅行です。コロナ禍での旅行ということで不安もありましたが、今は経済活動とのバランスを...

■Amazon.co.jp
『起返の記 宝永富士山大噴火』(嶋津義忠・PHP研究所)