『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

夫が浮気?お屋敷でも家でも騒動勃発。江戸版「家政婦は見た!」

江戸屋敷渡り女中お家騒動記 祭の甘酒桑島かおりさんの『江戸屋敷渡り女中お家騒動記 祭の甘酒』が大和書房・だいわ文庫より刊行されました。敏腕な屋敷渡り女中・菊野が活躍する、『花嫁衣裳』に続くシリーズ第2弾です。

三十三歳の菊野は、女中奉公をして家族の暮らしを支えている。奉公先の騒動に首を突っ込み事件を解決していく。手習い所をはじめた年下の夫・藤吾を何かと心配し、かつて武家女中をしていた姑の千歳と三人で暮らす。
気が緩んだのか、菊野は床に臥せてしまう。そうする間に、藤吾に女の影が。意地悪な千歳は、菊野の代わりに女中復帰。何もできない菊野に焦りが……。

奉公先で見せる菊野の有能ぶりと、家での人間関係における不器用さの対比が絶妙。江戸版ホームドラマ「家政婦は見た!」を楽しみたいと思います。

■Amazon.co.jp
『江戸屋敷渡り女中お家騒動記 花嫁衣裳』
『江戸屋敷渡り女中お家騒動記 祭の甘酒』