2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

2013-12-23

時代小説

金沢城下を舞台に、市井の人を描く時代小説集

剣町柳一郎(つるぎまちりゅういちろう)さんの『鞘師勘兵衛の義』は、金沢城下に生きる商人や細工人を描く時代小説集。 「金沢城下ものがたり」とサブタイトルが付けられているとおり、幕末から明治初期にかけての金沢城下が活写されています。 著者の剣町...
Twitter

2013年12月23日のツイート

@jidaishow: 剣町柳一郎さんの『鞘師勘兵衛の義』は、金沢城下を舞台に、市井の人を描く時代小説集。 URL @jidaishowさんから 2013-12-23 22:28:29 via Tweet Button