シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

2011-08-27

Twitter

2011年08月27日のツイート

@jidaishow: 『粗茶を一服』は寛政四年の六月から始まるが、物語は寛政元年に発令された棄捐令の影響が残っている。幕臣の借金を棒引きにする施策は、札差の金蔵を直撃し、江戸に大不況を招く。想定外の事態に幕府は、三万両を投じる「御助け策」...