2010-03-18

スポンサーリンク
時代小説

江戸の旬と人情が堪能できる、料理時代小説

高田郁(たかだかおる)さんの『想い雲』を読み終えた。シリーズ第3弾で、さまざまな苦楽をともにすることを通じて、培われた「つる家」ファミリーのチームワークがなんとも快いです。 土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませ...