シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

『桜田門外ノ変』の吉村昭さん死去

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『桜田門外ノ変』『天狗争乱』『長英逃亡』などの歴史小説で知られる作家の吉村昭さんが、7月31日、すい臓がんのために死去された。享年79歳だった。謹んでご冥福をお祈りいたします。

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)

天狗争乱 (新潮文庫)

天狗争乱 (新潮文庫)

長英逃亡〈上〉 (新潮文庫)

長英逃亡〈上〉 (新潮文庫)

吉村さんは、小説の舞台になる日の天気まで調べるという地道な資料整理、現地調査、関係者のインタビューなど、ノンフィクション小説の技法で歴史小説に取り組まれた。時代小説家というよりは、歴史小説家と呼びたい数少ない人。そういう意味で、私の守備範囲ギリギリに位置していてよい読者ではなかったと思う。あらためて吉村さんの作品を読んでみたいと思う。

その取材技法については『史実を歩く』に書いている。こちらも興味深い。

史実を歩く (文春新書)

史実を歩く (文春新書)

Wikipedia 吉村昭

http://ja.wikipedia.org/wiki/吉村昭

*ちなみに訃報についても既に掲載されている