スポンサーリンク

日本と朝鮮をめぐる伝奇時代小説

荒山徹さんの『魔岩伝説』を通勤電車の中で読み始めた。『高麗秘帖 朝鮮出兵異聞 李舜臣将軍を暗殺せよ』、『魔風海峡』の卓抜した奇想でスケールの大きな伝奇小説に仕上がっていたので、今回も期待感大。前2作が豊臣秀吉の朝鮮出兵時を舞台にしていたのに対して、今回は、文化八年(1811)ごろと二百年ばかり後の時代に移る。

折りしも、朝鮮通信使が五十年ぶりに来日する直前、対馬藩の江戸屋敷に鈴木伝蔵と名乗る曲者が侵入した。しかし、鈴木伝蔵は五十年も前に死んだ対馬藩の通詞だった。不審に思った幕閣が曲者を捕らえるべく放ったのは、勘定奉行柳生主膳正の庶子で隻眼の剣士卍兵衛(ばんべえ)。そして、あわや卍兵衛に捕らわれようとした曲者を救ったのは、若き日の遠山景元だった……。

柳生十兵衛の再来のような青年剣士卍兵衛に、若き日の遠山の金さんこと景元が対決する。景元は、小野派一刀流中西道場の師範代で音無しの構えで知られる高柳又四郎の弟子という設定で剣の名手。二人の対決に加えて、朝鮮通信使の裏には、何やら李氏朝鮮と徳川家の密約があるらしい、その謎の行方が大いに気になるところ。

朝からイマジネーションが喚起されて、通勤が楽しくなる一冊だ。

魔岩伝説 (祥伝社文庫)

魔岩伝説 (祥伝社文庫)

高麗秘帖―朝鮮出兵異聞 (祥伝社文庫)

高麗秘帖―朝鮮出兵異聞 (祥伝社文庫)

魔風海峡 (上) (祥伝社文庫)

魔風海峡 (上) (祥伝社文庫)

魔風海峡 (下) (祥伝社文庫)

魔風海峡 (下) (祥伝社文庫)