羽太雄平さんが新作『凄い男』を、Amazon KDPで販売

凄い男時代小説家羽太雄平(はたゆうへいさ)さんが、最新作『凄い男』をAmazon Services Internationalよりセルフ・パブリッシングで刊行しました。

羽太さんは、1991年『本多の狐』で第2回時代小説大賞を受賞し、その後も『峠越え』から始まる「与一郎シリーズ」で熱狂的なファンをもつ時代小説家です。(私もその一人ですが…)

久々の新作である本書は電子書籍本、しかもAmazon Kindle版のみの刊行になります。

沖とり魚をその場で刺して血を抜くように、あっさり人を殺める「野締めの市蔵」という凄い男がいる。
とっくのむかしに裏稼業は引退した身だが、訳あって今夜もあやつを殺さにゃならない。島流しになったときやむなく捨てた幼子が、拾われた大店のひとり娘として立派に育っている。わがまま一杯、多少のはねっかえりになっちゃいるが、おれにとっちゃ大事な娘だ。悪さをするダニどもを許せるはずもねえ。いますぐ地獄に送ってやるから覚悟しろ。


著者が25年前に発表し、その設定とキャラクターが気に入っているという、“野締めの市蔵”を主人公にした時代小説の連作集です。
それぞれ初出誌・掲載書籍が違う連作4編に書き下ろし1編を加えて、電子書籍化しています。

第一話「三つ穴の卯之吉」「小説現代」1992年3月号(講談社)に掲載。
第二話「消える蝋燭」『江戸闇小路』(1994年5月、実業之日本社刊)
第三話「こぎれ重兵衛」『江戸闇草紙』(1997年7月、実業之日本社刊)
第四話「話し売り伝吉」『江戸闇からくり』(2000年4月、実業之日本社刊)
第五話「尾行まわし」書き下ろし作品


第一話の「三つ穴の卯之吉」は、雑司ヶ谷鬼子母神堂の境内の茶店を営む卯之吉が、鬼子母神に願掛けにやってきた中年の女に声を掛けて、企みに巻き込むところ物語が始まります。

小悪党の卯之吉に対して、やがてカモにした中年女の正体が明らかになり、意外な事実が次々にあきらかになる、ひねりの利いたストーリー展開が絶妙です。

第二話、第三話、第四話では、主人公は職業をもっていながら、非合法な闇仕事に手を染めています。
決まった刻限が経過すると灯が消える蝋燭を作る蝋掛け職人仙太、いろいろな端切れをパッチワークのように縫い合わせて袋物を作る職人重兵衛、八丈島に島流しに遭った身の上話をして、偽の黄八丈を売る「話売り」伝吉など、一風変わったユニークなことで生計を立てる男たちが登場します。

各話では、ユニークな職業をもった男たちが、本業のかたわらで、闇仕事にかかわっていきます。
その標的となるが、大店海苔問屋金子屋のひとり娘・おりょう。錦絵のモデルに描かれるような美少女です。
おりょうは、“野締めの市蔵”とその女房おたつの間の実の娘。今は神楽坂の料理屋の主人で料理人をつとめる市蔵が無実の罪で遠島になった際に、生まれたばかりで捨てられて金子屋に育てられます。

裕福な商家でわがまま一杯に育てられたおりょうは、十五歳ながら、不良と付き合うはねっかりで、物語をかき回して一筋縄ではいかない妙味を加えています。

「卯之吉さんよ。おれが三宅で覚えたのは、料理だけじゃねえのさ。人には言えぬ荒事もちったぁ覚えてしまったのよ」
(『凄い男』第一話「三つ穴の卯之吉」より)


本作品の魅力は、生まれたばかりのおりょうを捨てた負い目と娘への愛情から、陰からその成長を見守る“野締めの市蔵”とおたつの夫婦の行動がなんとも小気味よいのです。
ピカレスク小説ながらも。池波正太郎さんの「仕掛人梅安」シリーズに通じるような、爽快感があります。

書き下ろしの第五話では、三つ穴の卯之吉の事件の後日談として、尾行を得意とする盗賊や牢盗賊、空き巣狙いなどが登場し、おりょうにまたまた危難が訪れ、市蔵一家からますます目が離せなくなります。

本書は、出版社を通さない、著者によるセルフ・パブリッシングです。
AmazonのKindleダイレクトパブリッシング(KDP)という仕組みを使い、電子書籍データの作成から表紙写真、デザインまで、すべて著者の羽太さんがされています。
一人で全部やってしまうところは多才な著者ならではですが、セルフ・パブリッシングのKDPは将来増えていくことが予想される出版スタイルとして注目の手法です。

羽太さんはブログ「雄平遊言」で、「小説家の6次産業化」と題して、制作の裏話を書かれています。こちらも興味深いです。


■Amazon.co.jp
『凄い男』(羽太雄平・Kindle版)
『本多の狐』(羽太雄平・Kindle版)
『峠越え 与一郎見参』(羽太雄平・角川文庫・Kindle版)

著者HP|雄平遊言


時代小説を愉しむために、『歴史の勉強法』を読む

歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる東京大学史料編纂所教授、山本博文さんによる歴史の入門書、『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』がPHP新書より刊行されました。

真の教養は、歴史を勉強することで身につけられる。過去を学ぶことにより、未来の姿、人生の成功例・失敗例が見えてくる――。
東大教授が、歴史に強い大人になるための勉教法を伝授。初級編では、旧国名、官位、お金の換算方法など、覚えておいたほうがいい基礎知識をやさしく解説。中級編では、歴史好きのための現地探訪方法を惜しみなく披露。また上級編では、戦国武将の手紙や古文書のくずし字にも挑戦。ネットで書斎を充実させる方法も教えます。
日本人として知っておくべきことが満載! 愉しみながら歴史を学び直したい人必読の書。


初級編、中級編、上級編の三部構成で、教養を身につけたい人、日本史に興味を持ちながら、何から始めればよいのかよくわからないという人のために書いたものです。

初級編では、大学史学科の学びのあり方と日本史の基礎知識について概観し、歴史を専門的に学ぶ意味に触れます。

旧国名や藩の呼び方、官位と位階、官職など、歴史を学ぶ上で躓きやすい事項について、時代の流れに沿ってわかりやすく解説しています。

たとえば、長州という毛利家を想起しますが、長門・周防の二国を領し、城(萩)のある方の国(長門)の名で呼ばれること。
「州」を付けて呼ばれる場合は、最初の文字が使われることが多いが、「出羽」と「出雲」や「美濃」と「美作」のように、最初の文字が同じ場合は、「羽州」と「雲州」、「濃州」と「作州」のように、後の文字が使われること。

中級編では、原始・古代から近代まで、著者が歴史の現場を歩いてみて、そこで得られた知見を紹介しています。

千年の都・京都や武家の都・鎌倉、戦国時代の城や古戦場を歩きます。
江戸の町は切絵図を手に、御成門から品川までのルートや上野界隈を歩く際の見どころを紹介しています。

幕末に製鉄所(当時の造船所のこと)が建設されて、日本の近代工業発祥地の一つとなった横須賀を散策するのも興味深いです。

横須賀製鉄所というと、『罪なくして斬らる―小栗上野介』に描かれた、当時の勘定奉行・小栗上野介を思い出します。

現地でその地形や環境を踏査することで、横須賀製鉄所がなぜ現地に建造されて、現在、米軍基地が置かれるようになったのかを考察する機会になります。

何やら、テレビの「ブラタモリ」のような展開で知的好奇心がそそられます。

上級編では、日本史の調べ方や歴史博物館の紹介、歴史研究の素材になる史料の読み方の初歩を解説しています。

 ただ、活字で古文書の文章を読解できなければ、くずし字を読んでも意味がわかりませんし、読むことも困難です。研究者も、読めないくずし字に出合った時は文脈から意味を想像して読みます。逆に言えば、活字になった古文書の文章を読めるようになれば、くずし字の読解能力も格段に向上します。
(『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』P.210より


なるほど、くずし字を読めるようになって、古文書を読めるようになりたいと思い、くずし字の入門書を手にしたりもしましたが、これまでのアプローチが間違っていたんですね。

各時代の歴史感覚をつかむために参考になる歴史書のガイドブックも巻末に掲載されていて、コンパクトながらも、親切な入門書です。

知識だけでなく、歴史感覚を身につけると、時代小説を読むときの面白さも格段と上がるように思われます。

■Amazon.co.jp
『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』(山本博文・PHP新書)

『罪なくして斬らる―小栗上野介』(大島昌宏・人物文庫)


「2017年11月の新刊 下」をアップ

殺生関白の蜘蛛2017年11月21日から11月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年11月の新刊 下」を掲載しました。

今回は、早川書房ハヤカワ文庫JAから刊行される、日野真人(ひのまこと)さんの『殺生関白の蜘蛛(せっしょうかんぱくのくも)』に注目しています。

2017年、第七回アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作『アラーネアの罠』を書籍化にあたり加筆修正し、『殺生関白の蜘蛛』と改題。ペンネームも賞応募時の西恭司から日野真人に改めています。
第7回アガサ・クリスティー賞発表 (2017/07/07)

「平蜘蛛を探せ」舞兵庫は、太閤秀吉と関白秀次から同じ密命を別々に受けてしまう……。窮地に立たされた男が選んだ決断とは――? 茶器に潜む密謀と秀次事件の真相に迫る歴史ミステリ


アガサ・クリスティーの冠が付いた賞に、時代小説で挑むのは大胆ですが、優秀賞を獲得するのは、著者も選者も見事です。
原題の「アラーネア」はラテン語で蜘蛛のことだそう。

主人公の舞兵庫は、豊臣秀次の臣で、元松永弾正の臣という設定。
平蜘蛛といえば、弾正が爆死する際に道連れとした、名器・平蜘蛛茶釜を思い出されます。

紹介文を読んだだけで、面白本のオーラがぷんぷんと感じられる作品で、とんでもないストーリー展開を期待しています。

■Amazon.co.jp
『殺生関白の蜘蛛』(日野真人・ハヤカワ文庫JA)


→2017年11月の新刊 下


江戸スイーツ男子が作る菓子と兄弟愛に心満たされる

深川二幸堂 菓子こよみ「上絵師 律の似顔絵帖」シリーズで注目の、知野みさき(ちのみさき)さんの文庫書き下ろし時代小説、『深川二幸堂 菓子こよみ』がだいわ文庫より刊行されました。

「餡子だけじゃつまらねぇ。菓子を作れよ、孝次郎――」
深川で菓子屋「二幸堂(にこうどう)」を始めた兄・光太郎と弟・孝次郎。
ほんのり甘酒香る薄皮饅頭「斑雪(はだれゆき)」、桜の花弁を模した上生菓子「恋桜(こいざくら)」、黄身餡が贅沢な「天道(てんどう)」と十四夜の月の如く控えめな甘さの「幾望(きぼう)」、柳の青葉が風情涼やかな錦玉羹「春の川」、薄紅色の白餡大福「紅福(べにふく)」。
――不器用な職人・孝次郎の作るとびきりの菓子が、人と人を繋げ、出会いをもたらし、ささやかな幸福を照らし出す。


弟の孝次郎は二十四歳。日本橋の大店菓子屋・草笛屋で菓子職人をしていたが、その腕を高く買っていた先代主人が亡くなると、代替わりした主人・信俊には疎まれて、菓子を仕上げる板場から、餡を作るだけの「餡炊き部屋」へと追いやられました。

二つ違いの兄・光太郎は、亡き父勘太郎の跡を継ぎ、神田で根付師をしています。
そんな弟の窮状を知って、光太郎は「身の周りの物をまとめておけ」という伝言を伝えて、草笛屋の信俊に、孝次郎を今日限りで草笛屋を辞めさせて、引き取りと告げます。

「長くなりますから事情は割愛いたしますが、この度わたくしは、深川で新しく菓子屋を開くことになったんです。それで孝次郎の手を借りたいと思いましてね。十二歳の夏から勤め始めて十二年。干支も一回りしましたし、御礼奉公までとっくに終わっておりましょう。わたくしは菓子には素人ですが、弟は草笛屋の先代に見込まれた菓子職人だ。先代のご遺志と店を引き継いだ旦那さまのことですから、心優しい弟が兄を助けることにまさか否やはありますまい」
(『深川二幸堂 菓子こよみ』P.23より)


口説爽やかに弟を引き取る光太郎。兄貴風を吹かせて、実にかっこいいです。

二人兄弟の始めた店は、光太郎と孝次郎の二人とも「こうの字」で、「幸」という字を当てて「二幸堂」と名付けられました。店主兼売り子は光太郎で、菓子作りはすべて孝次郎一人で行います。

役者のよう色男で社交的な兄と、火事で負った火傷がもとで内向的で生き方が不器用な弟。対照的な兄弟の絆が情感豊かに描かれています。

この物語には、次々と、季節感を伝えるオリジナルの和スイーツが登場します。作り方や色、形の描写を読んでいるだけで、美味しそうでお腹が刺激されます。

そして、登場人物たちが織り成す人情と恋の物語は、美味しいそうなだけでなく、優しい気分にしてくれて、心も満たしてくれます。

■Amazon.co.jp
『深川二幸堂 菓子こよみ』(知野みさき・だいわ文庫)


『文蔵 2017.12』の特集は、いま、面白いエッセイが読みたい!

『文蔵 2017.12』『文蔵 2017.12』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、笑える、泣ける、考えさせられる……いま、面白いエッセイが読みたい! です。

 エッセと一口に言っても、のほほんとお気楽に読めるものから、襟を正してありがたく読みたくなるものまで、幅広く奥が深い。小説と違い、書き手の生活や素顔が垣間見えるのも、また楽しい。練りに練った端正な文章を書く作家が、思いがけない弾けっぷりを披露するのもエッセイの魅力だ。
(『文蔵 2017.12』P.5 特集 時に小説より面白い!? 必読エッセイ10選より)


今回の特集は、妄想エッセイ、辛口エッセイ、泣けるエッセイなど、ライターの青木逸美さんが、10のおすすめエッセイを紹介します。

時代小説作家髙田郁さんの『晴れときどき涙雨 髙田郁のできるまで』を取り上げてくれているのがうれしいです。

新連載で、梶よう子さんの「由蔵覚え帳」がスタートしました。
江戸市中の事件や噂、落書などの記録に精を出して、それらの情報を必要とする者に提供する情報屋で、「御記録本屋」と異名を取った、藤岡屋由蔵を主人公にした時代小説です。
高橋克彦さんの『完四郎広目手控』の主要登場人物で、江戸の有名人です。どんな活躍ぶりが読めるのか、楽しみです。

■Amazon.co.jp
『文蔵 2017.12』(PHP文芸文庫)
『晴れときどき涙雨 髙田郁のできるまで』(髙田郁・幻冬舎文庫)
『完四郎広目手控』(高橋克彦・集英社文庫)


⇒『文蔵』ホームページ