佐々成政|時代小説で読む

[さ] 佐々成政|さっさなりまさ|武将・戦国大名|戦国

佐々成政は、織田信長に仕えた武将で、柴田勝家のもとで前田利家、不破光治らと北陸方面で上杉氏と対峙することが多かったです。信長の死後は、賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を破った秀吉に降伏し、越中一国を安堵されました。

成政のハイライトは、小牧・長久手の戦いで家康方に寝返り停戦後に、厳冬の飛騨山脈(北アルプス)を越えて浜松へと踏破して家康に再挙を促した、「さらさら越え」が有名です。

風野真知雄さんの『沙羅沙羅越え』では、さらさら越えを描いています。

宮本昌孝さんの『天離(あまさか)り果つる国』では、成政は主要な登場人物の一人として、さらさら越えと富山城の黒百合のエピソードも織り込まれていました。

南條範夫さんの『古城秘話』は、は松前城から南は鹿児島城まで全国三十の古城にまつわる伝説を綴っています。その中で、富山城の黒百合の秘話が取り上げられています。

DATA
生誕:不明 ※永正9年(1512年)~天文8年(1539年)の間
死没:天正16年(1588年)
別名:内蔵助
家族:(父)佐々成宗、(妻)村井貞勝の娘、早川主水の娘

時代小説SHOW 投稿記事

「源氏物語」に秘められた謎、紫式部の秘密を描く王朝ロマン
『新・紫式部日記』|夏山かほる|日本経済新聞出版 夏山かほるさんの長編歴史時代小説、『新・紫式部日記』(日本経済新聞出版)を紹介します。 この作品で著者は、2019年、第11回日経小説大賞を受賞してデビューしました。 紫式部が藤原...
藤原道長の命運を握る「源氏物語」幻の一帖を求めて
『源氏五十五帖』|夏山かほる|日本経済新聞出版 夏山かほるさんの長編歴史時代小説、『源氏五十五帖』(日本経済新聞出版)を入手しました。 2019年、『新・紫式部日記』で第11回日経小説大賞を受賞してデビューした著者の受賞第一作です。...
「源氏物語殺人事件」で、紫式部と清少納言が推理比べ
『薫大将と匂の宮』 岡田鯱彦(おかだしゃちひこ)さんの長編時代ミステリ、『薫大将と匂の宮』(創元推理文庫)を入手しました。 本書は、『源氏物語』の主人公光源氏ゆかりの二人の貴公子、薫大将と匂の宮が織りなす物語「宇治十帖」の世界を舞台...
烏鷺寺異聞 式部少納言碁盤勝負
烏鷺寺異聞 式部少納言碁盤勝負 (うろでらいぶん・しきぶしょうなごんごばんしょうぶ) 篠田達明 (しのだたつあき) ★★★★☆☆ ♪タイトルの烏鷺寺は、洛北・長谷御殿町にある龍泉寺のこと。白い鷺と黒い烏が戦うさまから囲碁の...

時代小説リスト


:おすすめ、:気になる

『佐々成政』遠藤和子『佐々成政』(学陽書房・人物文庫、2010年4月刊)長編
『沙羅沙羅越え』風野真知雄『沙羅沙羅越え』(KADOKAWA・角川文庫、2016年4月刊)長編
『くせものの譜』簑輪諒『くせものの譜』(文藝春秋・文春文庫、2019年5月刊)長編
『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』赤神諒、山口昌志ほか『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』(講談社、2018年10月刊)アンソロジー
『古城秘話』南條範夫『古城秘話』(筑摩書房・ちくま文庫、2018年2月刊)短編
『天離(あまさか)り果つる国(上)』宮本昌孝『天離(あまさか)り果つる国(上)』(PHP研究所、2020年10月刊)長編
『天離(あまさか)り果つる国(下)』宮本昌孝『天離(あまさか)り果つる国(下)』(PHP研究所、2020年10月刊)長編

検索 “佐々成政”を「時代小説SHOW」で検索

時代小説で読む歴史人物ガイドへ戻る