本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

矢野隆|時代小説ガイド

[や] 矢野隆|やのたかし|時代小説・作家

1976年、福岡県生まれ。
2008年、『蛇衆』で第21回小説すばる新人賞を受賞。

■時代小説SHOW 投稿記事

「2021年11月中旬の新刊(文庫)」をアップ
『戦百景 桶狭間の戦い』|矢野隆|講談社文庫 2021年11月11日から11月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年11月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました 今回は、矢野隆さんの、戦国小説、『戦百景 桶狭...
天草四郎の苦悩と、松平信綱の不安、島原の乱の真相を描く
『乱』 矢野隆(やのたかし)さんの長編小説、『乱』(講談社文庫)を入手しました。 本書は、江戸時代の前期に起こった、宗教戦争とも農民一揆ともいわれた島原の乱を描いた歴史時代小説です。 著者は、2008年、『蛇衆』で第21回小説...
坂田公時vs.酒呑童子――この国にまだ神と鬼がいた頃の物語
矢野隆さんの歴史時代小説、『鬼神(おにがみ)』(中公文庫)を入手しました。本書は、『大江山絵詞』(大江山絵巻)や『御伽草紙』などで流布している酒呑童子の伝説をモチーフにしています。平安時代の長徳元年(995年)に、一条天皇が大江山に住...
「2019年5月の新刊 下」をアップ
2019年5月21日から5月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2019年5月の新刊 下」を掲載しました。 今回は中公文庫から刊行される、矢野隆さんの平安時代小説、『鬼神』をとり上げてみました。 著者の矢野隆...

鬼神の如く戦う、平将門を描く歴史エンタメ小説|『将門(まさかど) 東国の覇王』 2017年5月7日
阿修羅のごとく、後藤又兵衛の「大坂の陣」、戦闘シーンに刮目せよ|『生きる故(ゆえ) 「大坂の陣」異聞』 2016年9月27日

時代小説作家リストへ戻る