『文蔵 2019.7・8』の特集は、感動を乗せて走る「鉄道小説」

『文蔵 2019.7・8』『文蔵 2019.7・8』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、面白すぎて乗り過ごしに注意! 感動を乗せて走る「鉄道小説」 です。

旅して、恋して、働いて 駅や電車が舞台のオススメ小説9選。
今月号の特集は、フリーランスライター・エディターの友清哲さんが、鉄道ミステリー、心ふるえる感動の物語、お仕事小説のテーマでブックガイドをします。

時代小説ファンとしては、あさのあつこさんお「おいち不思議がたり」の新シリーズの連載がスタートするのが楽しみです。

また、「本所おけら長屋」の作者畠山健二さんと舞の海秀平さんの対談も見逃せません。舞の海さんのおけら長屋ファンぶりが伝わってきてうれしくなります。

⇒『文蔵』ホームページ

■Amazon.co.jp
『文蔵 2019.7・8』(PHP文芸文庫)

『おけら長屋 十二』(畠山健二・PHP文芸文庫)