2020-04-29

スポンサーリンク
剣豪

愛妻家の浪人が、二十年ぶりの故郷・常陸で見た夢とは

木村忠啓(きむらちゅうけい)さんの文庫書き下ろし長編時代小説、『虹かかる』(祥伝社文庫)を紹介します。 本書は、天保十三年(1842)七月、水野忠邦による天保の改革が行われていた頃から始まります。霞ケ浦の東側にある常陸国・麻生(あそう...