スポンサーリンク

文庫●2022年9月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年9月中旬の新刊(11日→20日)

2022年9月11日から9月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

だいわ文庫
知野みさきさんの『深川二幸堂 菓子たより』
極上の甘味を作る江戸の菓子屋をめぐる人情時代小説「深川二幸堂 菓子こよみ」シリーズ全3巻に続く、待望の続編です。兄・光太郎と弟・孝次郎が営む江戸深川の菓子屋「二幸堂」は間口を広げ、新しい縁に恵まれ、今日も人々の心に寄り添う菓子を供しています。

ちくま学芸文庫
鳴海風さんの『遊歴算家・山口和「奥の細道」をゆく』
越後・水原出身の江戸末期に活躍した和算家の山口和(やまぐちかず)。全国を旅して数学を教えた彼の道中日記をもとに数々のエピソードや数学愛好者の思いがちりばめられた和算小説。

光文社文庫
あさのあつこさんの『花下に舞う』
累計100万部突破の人気時代小説「弥勒シリーズ」。口入屋『佐賀屋』の主夫婦が惨殺されました。死体は何かに驚いたまま死んだよう。北町奉行所定町廻り同心の木暮信次郎は岡っ引きの伊佐治に命じて事件の謎を追わせました。すると、小間物問屋『遠野屋』主・清之介の周囲に繋がりが。浮かんでくる事実の裏にまたも意外な真相が――。驚愕の第10弾。

時代小説文庫

櫻部由美子さんの『妖しい刀 出直し神社たね銭貸し』
「一刻も早く相手の女を呪ってくださいまし」。
人生の仕切り直しを願う人々が訪れる〈出直し神社〉に、穏やかでない願いを訴える者が訪れました。袋物問屋・茜屋のお松と名乗る女です。
うしろ戸の婆はお松に、ある助言をし、神社の手伝いをしている少女・おけいを連れていくように言いました……。
流行り病に人殺し事件と、大忙し。読み味抜群のシリーズ第3作。

今村翔吾さんの『風待ちの四傑 くらまし屋稼業』
は、2022年10月14日発売予定に変更になりました。

講談社文庫
輪渡颯介さんの『怪談飯屋古狸』
怖い話が上手にできたら。美味しいごはんを無代(ただ)にします!
看板娘のお悌が満足する怖い話を聞かせられたら飯が無代になる、という不思議な一膳飯屋「古狸」。
怪談+美味+謎+笑い+猫……輪渡颯介ワールド満載のシリーズ、第1弾です。

谷口雅美さんの『殿、恐れながらリモートでござる』
『殿、恐れながらブラックでござる』に続く、痛快凄腕コンサル時代小説第2弾。
戦国の毛利元就からつながる長州藩2代目当主の毛利綱広は反骨心が強く、徳川家に仕える身でありながら、病と称して江戸城に行かないことがありました。大江戸コンサル、戸ノ内兵庫は綱広を引っ張り出すことができるのでしょうか。

赤神諒さんの『立花三将伝』
戦国最強の武将と謳われた立花宗茂。だがその一世代前、宗茂活躍の礎ともなった若き武将や姫たちがいました。大友宗家から立花入りした15歳の三左衛門は、四つ年上の勇将・和泉、三つ上の軍師・弥十郎らと出会います。やがて、三左衛門は和泉の武芸、弥十郎の知略に驚かされます。毛利の調略により、立花家は孤立していく中で家中も毛利派と大友派に分裂し、ついに、三将の運命を変える大きな政変が……。

辻堂魁さんの『山桜花 大岡裁き再吟味』
町奉行から外れても、大岡越前は裁きが気にかかります。
十七年前、寺の年若い下男が折檻されて殺され、山桜の下に埋まれました。父親が下手人御免の願いを出し、皆、お咎めなしと決しました。
その事件にいま、ある疑惑が浮かぶ大岡越前は、鷹匠の子・古風十一に探索を命じました。あの裁きは正しかったのでしょうか?

武内涼さんの『謀聖 尼子経久伝 瑞雲の章』
戦国初期に活躍した山陰の雄、尼子経久。「謀聖」と言われるほど計略に優れた人物でありながら、「天性無欲正直の人」と評された得体のしれない個性。そして、東の北条早雲とともに、下剋上大名の代名詞的存在である経久が、旧秩序の破壊を志した本当の狙いとは何か? 大河歴史小説シリーズ、進撃の第3巻。

集英社文庫
山本幸久さんの『大江戸あにまる』
お人好しの幸之進と、草花や獣に目がない福助。武士らしからぬ凸凹コンビが舶来の動物たちと出会い奔走します、娘を救うため必死に奔走する父親の姿を描くヒューマンドラマ『マイ・ダディ』はじめ、現代小説で活躍する著者初の時代小説です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●9月12日発売 講談社・講談社学術文庫
『韓非子 全現代語訳』本田済訳『韓非子 全現代語訳』
●9月12日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『江戸 食の歳時記』松下幸子『江戸 食の歳時記』
『遊歴算家・山口和「奥の細道」をゆく』鳴海風『遊歴算家・山口和「奥の細道」をゆく』
●9月12日発売 東京創元社・創元推理文庫
『千吉と双子、修業をする: 妖怪の子、育てます2』廣嶋玲子『千吉と双子、修業をする: 妖怪の子、育てます2』
●9月13日発売 光文社・光文社キャラクター文庫
『花菱夫妻の退魔帖』白川紺子『花菱夫妻の退魔帖』
●9月13日発売 光文社・光文社文庫
『異館 吉原裏同心(11) 決定版』佐伯泰英『異館 吉原裏同心(11) 決定版』
『再建 吉原裏同心(12) 決定版』佐伯泰英『再建 吉原裏同心(12) 決定版』
『浪人半九郎 父子十手捕物日記』鈴木英治『浪人半九郎 父子十手捕物日記』
『菊花ひらく 日本橋牡丹堂菓子ばなし』中島久枝『菊花ひらく 日本橋牡丹堂菓子ばなし』
『月を抱く女 牙小次郎無頼剣 決定版』和久田正明『月を抱く女 牙小次郎無頼剣 決定版』
『花下に舞う』あさのあつこ『花下に舞う』
●9月15日発売 KADOKAWA・富士見L文庫
『江戸の花魁と入れ替わったので、花街の頂点を目指してみる 三』七沢ゆきの『江戸の花魁と入れ替わったので、花街の頂点を目指してみる 三』
●9月15日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『古事記物語』鈴木三重吉『古事記物語』
『晴明の事件帖 頼光の剣と悪霊左府』遠藤遼『晴明の事件帖 頼光の剣と悪霊左府』
●9月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『妖しい刀 出直し神社たね銭貸し』櫻部由美子『妖しい刀 出直し神社たね銭貸し』
●9月15日発売 講談社・講談社文庫
『姉妹の絆 公家武者 信平(十三)』佐々木裕一『姉妹の絆 公家武者 信平(十三)』
『怪談飯屋古狸』輪渡颯介『怪談飯屋古狸』
『殿、恐れながらリモートでござる』
→記事:「2022年9月中旬の新刊(文庫)」をアップ
谷口雅美『殿、恐れながらリモートでござる』
『立花三将伝』赤神諒『立花三将伝』
『山桜花 大岡裁き再吟味』辻堂魁『山桜花 大岡裁き再吟味』
『謀聖 尼子経久伝 瑞雲の章』武内涼『謀聖 尼子経久伝 瑞雲の章』
●9月16日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2022.10』
→記事:『文蔵2022.10』特集は、いま読み始めたい文庫シリーズ小説
『文蔵2022.10』
●9月16日発売 集英社・集英社文庫
『大江戸あにまる』山本幸久『大江戸あにまる』
『朱華姫の御召人 上 かくて愛しき、ニセモノ巫女』白川紺子『朱華姫の御召人 上 かくて愛しき、ニセモノ巫女』
『とんとん拍子 めおと相談屋奮闘記』野口卓『とんとん拍子 めおと相談屋奮闘記』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年9月の新刊 上(1日→10日)2022年9月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2022年9月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年9月の新刊(1日→末日) 2022年9月1日から9月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...