夕立太平記

夕立太平記夕立太平記
(ゆうだちたいへいき)
宮本昌孝
(みやもとまさたか)
[伝奇]
★★★★☆☆

『剣豪将軍義輝』の作者で、太平記と付いていたので、題材は南北朝ものと勝手に思い込んでいたせいで、軽くフェイントをかけられた。

テーマは、御家騒動。「立川文庫」を念頭に置いたというように、敵役がいて、美しい娘がいて、毒婦がいて、主人公を助ける手下がいて、ものわかりのよい庇護者がいて、謎の黒幕がいるという具合に構図がわかりやすく楽しい。

針ヶ谷夕雲創始の稀剣・無住心剣流が重要な鍵を握るのも、剣法もの好きには見逃せないポイントなので、チェック!

歌舞伎の回り舞台を開発した並木正三や平賀源内も登場して、脇を盛り上げている。

物語●甲州の山育ちの野生児勘五郎は、偽の敵に父を殺され、敵を追って江戸へ出る。内藤新宿で暴れる悪馬夕立に襲われる老婆と娘を助け、夕立を殺してしまう。しかし、夕立は、出雲松江藩主松平治郷の愛馬だった…。

目次■一 敵持/二 江戸/三 夕立勘五郎/四 松平小僧/五 死神/六 運命の糸/七 機巧御殿/八 出雲へ/九 稲荷渡し/十 風光る

カバーデザイン:南伸坊
時代:明和八(1771)年
(講談社・1650円・96/07/20)
購入日:97/5/15
読破日:97/5/18

Amazon.co.jpで購入 [文庫版あり]