闇を斬る 刺客変幻

闇を斬る 刺客変幻闇を斬る 刺客変幻

(やみをきる・しかくへんげん)

荒崎一海

(あらさきかずみ)
[剣豪]
★★★★☆☆

前作『闇を斬る 直心影流龍尾の舞い』が剣豪小説として滅法面白かった。そこで、今回も期待。前作以上にエンターテインメント度がアップし、スケール感がある。今治藩脱藩浪人鷹森真九郎を次々と襲う刺客たち。国元の宿敵、国老・鮫島兵庫が絡んでいるのか? はたまた、江戸を混沌に陥れようとするなぞの集団“闇”の仕業なのか? 真九郎が揮う直心影流の秘剣・弧乱そして霧月が冴える。

荒崎さんの作品が面白いのは、キャラクター設定とストーリー展開の大胆さとチャンバラシーンの迫力、時代考証の正確さが上げられる。細部まで目配りがされているので、読み味がいい。

剣豪時代小説の文庫書き下ろしというと、最近では佐伯泰英さん、鳥羽亮さんの活躍ぶりが目覚しく、鈴木英治さん、上田秀人さんと実力派の書き手がそれに続くという図式だ。その流れの中で、今後が楽しみな新星が登場という観がますます強くなった。次回作も楽しみだ。

物語●剣の遣い手である北町奉行所の隠密廻り同心が、薩摩藩蔵屋敷近くで殺されているのが見つかった。帯には、「黒子」と書かれた紙切れが隠されていた。同じ夜、本芝一丁目の古着屋に押し込み強盗があり、主と番頭ら五名が殺され、下男の一人が行方知らずになっていた。直心影流団野源之進道場の代稽古を務める浪人鷹森真九郎は、北町奉行所定町廻り同心の桜井琢馬に依頼され事件解決に力を貸すことに…。

そんな中で、真九郎の妻・雪江に読み書き、琴、活花を習っている弟子のおゆみがかどわかされた……。

目次■第一章 襲撃/第二章 影法師/第三章 運命/第四章 月下凄愴/第五章 対決

カバーイラスト:蓬田やすひろ
カバーデザイン:蓬田やすひろ

時代:文化六年(1809)六月
場所:今治、塩町、芝・薩摩藩蔵屋敷近く、霊岸島四日市町、下谷御徒町柳河藩上屋敷、銀町二丁目、西本願寺、東仲町、木母寺近く、本所亀沢町、神田鍛冶町、浅草外れ柳河藩下屋敷ほか

(徳間文庫・648円・05/09/15第1刷・392P)
購入日:05/09/08
読破日:05/09/10

Amazon.co.jpで購入