2020年文庫書き下ろし時代小説ベスト10、公開

iPad日本版で読みたいものは?

昨日予約していたiPadが会社に届き、週末家に持ち帰って、iPadアプリのインストールをしたり、あちこち触ったりしている。その前に、アメリカで発売されていたiPadをいじっていたので、最初のときより感動は薄い。

マスコミでの報道を見ていると、電子書籍端末としての機能を取り上げていることが多いが、App Storeで、電子書籍のiPadアプリをいろいろ見ていたが、現時点では無料で楽しめるものはまだまだ少ない。

とりあえず、700円のi文庫HDをインストールして、青空文庫の三田村鳶魚の「話に聞いた近藤勇」を読んでみた。青空文庫(著作権切れ)ほど古くなくて、品切れや絶版になり、書店で手に入らなくなった時代小説がiPadで気軽に読めるようになるとうれしいと思う。

コメント