波濤剣

波濤剣
波濤剣
(はとうけん)
上田秀人
(うえだひでと)
[伝奇]
★★★☆☆☆

宝蔵院流一刀流の遣い手であり、将軍家見聞役・三田村元八郎が活躍する時だ小説シリーズ第4弾。

吉宗の老齢につけこもうとした老中筆頭松平左近将監乗邑と朝廷をわがものにと暗躍した近衛内大臣内前との戦いを描いた『竜門の衛』。吉宗最大の敵、尾張藩主徳川宗春とその走狗柳生主膳との戦いを綴った『孤狼剣』、そして前作では、徳川家最大の秘事を巡って天草忍びに宮本武蔵の後胤総馬と対峙した『無影剣』。いずれも圧倒的なスケールとめくるめく剣戟シーンで、ハマる時代小説シリーズになっている。

今回は、さらにスケールアップして、薩摩に、朝鮮に、琉球とその活躍の場を大きく広げた。伏見宮、広橋兼胤、桜町院、将軍家重、大岡出雲守忠光から、妻の香織、娘の冴香、香織の兄でお庭番の村垣三太夫、その父・掃竹、盗賊・夜火の菊次郎や元関脇で小者の貞五郎など、おなじみの面々も登場し、物語に彩りを添える。話を面白くしているのが、前回から引き続き現れる、剣術バカの宮本総馬の存在。

物語●三田村元八郎は、妹由の公家広橋侍従兼胤との婚儀を明日に控え、父の順斎と京・伏見宮貞健親王家で、警護にあたっていた。そこに二人を名指しで、数人の覆面の侍が襲ってきた。由の門出を血で染めることを厭い、外におびき出された太捨流の免許皆伝である順斎は、甲冑に槍という時代外れの騎馬武者と戦い、その槍に脇腹をしたたかに突かれ鴨川へとびおりた…。

婚儀を終え、江戸に戻った元八郎は、目安箱に投げ込まれた〔琉球〕とのみ書かれた書状の謎を探索するように、将軍・家重から命じられた…。

目次■序章/第一章 初夏の嵐/第二章 江都の夜/第三章 旅の去就/第四章 西海の航跡/第五章 南海の断/第六章 決戦の火/終章

カバーデザイン:東京図鑑
時代:宝暦二年(1752)三月
場所:京、江戸・幕府評定所、青松寺、日本橋平松町、飯田町もちの木、薩摩藩上屋敷、小石川伝通院裏ほか
(徳間文庫・686円・03/10/15第1刷・446P)
購入日:03/10/05
読破日:03/10/19

Amazon.co.jpで購入 [新装版あり]