完四郎広目手控 天狗殺し

完四郎広目手控 天狗殺し完四郎広目手控 天狗殺し
(かんしろうひろめてびかえ・てんぐごろし)
高橋克彦
(たかはしかつひこ)
[捕物]
★★★★☆

江戸の広告代理店(PR会社兼出版社に近いかも)・広目屋「藤由」に居候する剣の達人・香冶完四郎が活躍する、変格捕物帖シリーズ第2弾。

前作『完四郎広目手控』が、歌川広重の「名所江戸百景」をモチーフにして物語を組み立てているが、今回は、同じ広重の「東海道五十三次」「京都名所」「「木曾街道六十九次」などを題材に選んでいる。ホームズ役の完四郎とワトソンというよりはうっかり八兵衛的な役廻りの魯文に加えて、龍馬と紅一点・お杳が彩りを添える豪華な珍道中ものとなっている。宿場ごとの情景や風俗や旅情が盛りこまれて面白い。

鬼や怨霊、超常現象を描くことが少なくない作者が、主人公完四郎に、「幽霊はともかく、化け物はな。このご時世に狐や狸でもないだろう。人の方がもっと悪さをする」と言わせ、科学的な推理と現代的な論理で、快刀乱麻に怪事件を解くところが見どころのひとつだ。

物語●広目屋の藤由(藤岡屋由蔵)の居候・香冶完四郎(こうやかんしろう)は、尊皇攘夷で激動する京の情勢を瓦版で知らせるという企画のために、戯作者・仮名垣魯文(かながきろぶん)と、京に向けて旅立つことになった。二人と同行するのは、土佐へ帰るという坂本龍馬と、京都の蘭学者広瀬元恭の時習堂に入門することになっている江ノ島の女医師・お杳。四人を待ち構える怪事件とは…。

目次■第一話 日本大曲り/第二話 鬼の面/第三話 はぐれ独楽/第四話 お岩怪談/第五話 斬魔剣/第六話 広芥屋異助/第七話 白魔王/第八話 竜の穴/第九話 首化粧/第十話 冥土案内/第十一話 天狗殺し/第十二話 白雪火事/解説 細谷正充

装画:安藤広重「東海道五十三次」より(ボンカラーフォトエージェンシー)
装丁:安彦勝博
解説:細谷正充
時代:安政五年(1858)六月
場所:上野、品川、江ノ島、日本橋、戸塚、島田、小夜の中山、宮、熱田神宮、筆捨山、坂下、京・五条大橋、晴明社、金毘羅山、祇園、珍皇寺、嵐山、化野、宮ノ腰、軽井沢ほか
(集英社文庫・590円・03/12/20第1刷・327P)
購入日:03/12/29
読破日:04/01/11

Amazon.co.jpで購入