安部龍太郎さんが第148回直木賞を受賞

第148回直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夜に開かれ、安部龍太郎さんの『等伯』(日本経済新聞出版社)と朝井リョウさんの『何者』(新潮社)が選ばれた。

『等伯』上 『等伯』下

受賞作の『等伯』は、安土桃山時代に狩野永徳率いる狩野派と対抗して活躍し、「松林図屏風」などの名画を残した、不世出の絵師・長谷川等伯を描いた長編時代小説。長年、愛読してきた作家の受賞に祝杯を。

これもまたアベノミクスなのか>安部龍太郎『等伯』の直木賞受賞

文芸評論家の豊崎由美さんがツイートしていた。

出典:文藝春秋 直木賞最新情報より