本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

公事宿事件書留帳(三) 拷問蔵

公事宿事件書留帳(三) 拷問蔵(幻冬舎文庫)
公事宿事件書留帳(三) 拷問蔵

(くじやどじけんかきとめちょう3 ごうもんぐら)

澤田ふじ子

(さわだふじこ)
[捕物]
★★★★

テレビ朝日系にて「大江戸弁護人走る!」のタイトルで放映中で、今注目のシリーズ3作目。京の公事宿「鯉屋」の居候・田村菊太郎が、難事件を鋭い洞察力と行動力で次々裁いていく連作。

物語●雅た色香を漂わす初老の女と二人の美しい娘にたぶらかされる男たちの悲劇を描く「京の女狐」。「お岩の最期」は金貸し老女の話。人に<烏金>を貸して稼ぐお岩が、実は大枚の金子を喜捨して孤児たちを養っていた…冬の京を舞台にした逸品。

(廣済堂出版・廣済堂文庫・550円・1996/05/11)
購入日:1996/4/28
読破日:1996/4/30
※画像は幻冬舎文庫版

Amazon.co.jpで購入 [幻冬舎文庫] [Kindle版あり]