姫巫女烏丸龍子 池田屋の血闘

姫巫女烏丸龍子 池田屋の血闘
姫巫女烏丸龍子 池田屋の血闘
(ひめみこからすまりゅうこ・いけだやのけっとう)
加野厚志
(かのあつし)
[伝奇]
★★★☆

烏丸神社の姫巫女烏丸龍子をヒロインに、氏子の沖田総司が彼女を支えるシリーズ第2弾。今回は池田屋騒動を題材にしているのかな、興味深い。

タイトルにあるように、池田屋騒動から禁門の変までを物語では描いている。新選組の沖田総司のほかに、桂小五郎の恋人幾松、池田屋の主・惣兵衛が烏丸神社の氏子という設定で、龍子に絡む。

また、安倍晴明の末裔で、朝廷陰陽師の土御門佳昌が登場する。佳昌の陰陽道と龍子の鬼道の対決。その一方で、失踪中の龍子の父、烏丸光紀の行方捜し…、物語は混沌として行く。

物語●京洛の辻では多くの志士が凶刃に倒され、刃をふるった暗殺者も敵に斬り裂かれる。勤王対佐幕の抗争は沸騰点達しようとしていた。御所の安寧を祈る烏丸神社の女主の龍子は、古都の美を守りぬくことが姫巫女の使命と心に決め、宝刀夕斬丸を手に、一子相伝の《鞍馬流秘太刀》で、帝に仇なす賊徒を成敗することになった。そんな龍子のもとに、陰陽師土御門佳昌卿から書状が届き、一条戻橋の《式神退治》の依頼を受けた…。

目次■第一章 死魔到来/第二章 月下氷人/第三章 不惜身命/第四章 公卿狂恋/第五章 怪人怪行/第六章 禁裏乱入/第七章 剣鬼襲来/第八章 古都炎上

カバーイラストレーション:西のぼる
カバーデザイン:西のぼる
時代:元治元(1864)年五月。
場所:烏丸神社、一条戻橋、厳島神社、河原町、三条河原、四条裏通り、宝鏡寺、二条木屋町、八瀬、御池通り、二条長州藩邸ほか
(双葉文庫・581円・04/11/20第1刷・302P)
購入日:04/12/07
読破日:04/12/18

Amazon.co.jpで購入