本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

月下の剣法者

月下の剣法者
月下の剣法者

(げっかのけんぽうしゃ)

伊藤桂一

(いとうけいいち)
[剣豪]
★★★☆☆

『風車の浜吉』シリーズでおなじみの作者の剣法者もの。

短編ならではの緊張感の高い作品群が素晴らしい。「八咫烏の巫女」旅の武芸者に夫を殺された道場主の妻の狙いは…。「漂泊者の剣」道場の師範代の心得とは…。「旅路の剣法者」若い兄弟が授けられた必殺の死霊剣とは…。「助太刀の秘剣」姉弟の前に現れた武芸者の秘剣と報酬とは…。「河畔の鶯」息子の元服祝いに鹿島・香取詣でに出た若母の悲願とは…。「湯靄の中」奥熊野の湯治場で見せる敵持ちの心得とは…。「魚刺し剣法」剣に負け妻を奪われた剣法者の助太刀をする川漁師の剣法とは…。「“岩燕”飛ぶ」敵である老師のもとで育てられた男の修業が終わるときとは…。

東軍流の開祖、川崎鑰之助(かぎのすけ)の娘で、男装の小秀が活躍する連作が楽しい。
物語●斬るか斬られるかの厳しい剣の世界で死と隣り合わせに生きる剣客たち。そのさまざまな生のかたちの中に、人の世の情け、人生の妙が味わい深く捉えられた粋な剣豪小説集。卑劣な手段で父を殺された娘が、蛇を小道具に旅の武芸の助太刀を得て敵を討つ表題作、弱者相手の他流試合で賭金を稼ぐ男の末路を描いた「見世物剣法」など10編に、女剣士・川崎小秀が活躍する連作4編を併録。

カバー装画:蓬田やすひろ
解説:林富士馬(詩人)
時代:寛永のはじめごろ
(新潮文庫・480円・1997/01/01)
購入日:1997/01/05
読破日:1997/02/13

Amazon.co.jpで購入