『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

家康外法首

家康外法首
家康外法首

(いえやすげほうくび)

火坂雅志

(ひさかまさし)
[伝奇]
★★

火坂さんといえば、『花月秘拳行』など西行シリーズで注目の時代小説家。本作の主人公の伊賀忍者滝野右近の得物は、皮籠手。蝋引きした二枚の牛皮の間に、細い針金を無数に入れ、それを膠で貼り合わせたもの。

物語●徳川家康の遺骸を納めた、駿府の久能山の仮殿に侵入した、右近は、首がない家康の遺体を見て驚愕した。仮殿を逃げ出した右近に襲いかかる伊賀服部軍団。神楽岡で奇祭を執り行う吉田神道の総帥・吉田兼見の弟神竜院梵舜と鳥居出羽守。そして彼らを操る怪僧天海。
立川流呪法。天海の出自。信長の孫で大和戒重藩主・織田長政。山賊・中山悪右衛門。など、面白くなりそうな素材・キャラクターを揃えながら、詰めが甘く物足りない作品。

カバーイラスト:坂内和則
カバーデザイン:松田尚大
舞台:元和三年春
(飛天出版・飛天文庫・540円・1996/02/05)
購入日:1996/06/03
読破日:1996/10/15

Amazon.co.jpで購入