勝海舟と新門辰五郎らヒーローが、江戸を守るために奔走

江戸大決戦 幕府瓦解の日早瀬詠一郎(はやせえいいちろう)さんの文庫書き下ろし時代小説、『江戸大決戦 幕府瓦解の日』がコスミック・時代小説文庫より刊行されました。

「頭、いざとなったら江戸の町に火を付けてくれ」――慶応四年二月、陸軍総裁勝海舟は火消しの棟梁新門辰五郎に頼み込んだ。京で朝敵となった徳川慶喜が帰還後、恭順して籠る江戸城を目標に、薩長率いる東征軍が迫り来る寸前である。
「火消しが火付けをしろって、下らなすぎる洒落だ」――だが、勝は本気だった。百万の民を大量の船を使って房総へ苦し、敵の侵入に合わせて町を焼き尽くすことを画策していた。
そんな勝の肚のうちを読んだのが、敵の参謀ながら盟友の西郷吉之助である。このまま江戸に入れば甚大な被害を見る。ならば談判に応じるしかない。そしてついに、勝と西郷の決死の会見が実現する……。


2018年の大河ドラマ「西郷どん」で注目される江戸城開城。幕府瓦解の日に向けて、江戸を守るべく奔走する幕末の英雄たちを活写した時代小説です。
勝安房守海舟、新門辰五郎、山岡鉄太郎(鉄舟)、高橋精一郎(泥舟)、小栗上野介忠順、三野村利左衛門、西郷吉之助(隆盛)、大久保一蔵(利通)、益満休之助、清水の次郎長など、幕末の英雄たちが続々と登場します。

著者の早瀬さんは、1952年に東京生まれ。放送作家・脚本家として活躍された後、2000年に井伊直弼を描いた『萩大老』で作家デビューをされています。
一方で江戸の古典芸能浄瑠璃 「新内」の継承者の一人で、岡本紋弥(おかもともんや)の名を持ちます。

『町人若殿 左近司多聞』シリーズや『出世若殿 田河意周』シリーズなどの痛快ものから、人情ものまで幅広いテーマで時代小説を書かれています。

■Amazon.co.jp
『江戸大決戦 幕府瓦解の日』
『萩大老』
『町人若殿左近司多聞』
『出世若殿田河意周―雨後の月』


江戸時代の大坂で商いの道を志す、主人公・幸から目が離せない

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇高田郁(たかだかおる)さんの人気シリーズ、『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇』

延享二年(1745)。大坂天満の呉服商・五鈴屋の五代目徳兵衛こと、惣次は、江州波村を羽二重の産地として育て、その羽二重を五鈴屋が一手に広げようとした。しかし、ある事件をきっかけに、誇りを著しく傷つけられて、店主の地位を放り出して姿を消す。自身の隠居を通知して、二度と戻らないという惣次の決意を知った、お家さんの富久は、意外な決断を下す…。


物語に描かれている延享二年(1745)は、八代将軍吉宗が隠居し、長子の家重が九代将軍となった年です。

大坂天満の五鈴屋は、お家さんの富久が息子で三代目徳兵衛の病没後、三人の孫と店を守ってきました。初孫の四代目徳兵衛は不慮の事故で亡くなり、四代目の次弟の惣次が五代目を継いでいました。

幸は四代目の後妻になりますが、四代目の死後、五代目となった惣次の妻となります。末弟の智蔵は、戯作者の夢を追い、店を飛び出しています。

「お家さん、もしそうなったなら、私をもとの女衆として、五鈴屋に置いて頂けませんでしょうか。女衆としてご奉公させて頂き」「お家さんの手足となって働き、陰ながら商いの知恵を絞って、五鈴屋のお役に立たせて頂きたいのです」


商才に富み順調に商いを広げていた惣次が店を出たことで、幸は女衆に戻っても商いの手助けをしたいと訴えます。そして、お家さんの富久はある決断を下します。

ところが、江戸時代の大坂では、「女名前禁止」という掟が、五鈴屋の富久と幸の前に立ちはだかります。

「この大坂には『女名前禁止』いう掟がある。女は家持ちにも店主にもなられへん。男はんの陰に隠れるしかない定めだす」


この五鈴屋の危機に、家を出ていた智蔵が店に戻ってきます。
智蔵は、幸に人形浄瑠璃「曽根崎心中」を見せて、店を支えると伝えます。

「何の才もない、木偶の坊の私だす。いっそ人形になりきって、幸の思うように動かしてもらいまひょ。遣い手の幸の思う存分、商いの知恵を絞ってもらえるように」


主人に代わり、商いの道を邁進する幸。物語は、幸の商才(知恵とひらめきと行動力)に導かれて、爽快感あふれる展開になっていき、ぐいぐい引き込まれていきます。先行きが楽しみで、ますます目が離せません。

■Amazon.co.jp
『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇』


第12回江戸検「今年のお題」参考図書で、幕末維新を学ぶ

疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで2017年11月3日(金・祝)に開催される、第12回江戸文化歴史検定の「今年のお題」である、「疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで」の同名の参考図書を入手しました。

参考図書『疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで』(江戸文化歴史検定協会編集・発行)の目次は以下の通りです。

●目次
はじめに
序章 開国と動乱の世の到来
第1章 浪士組結成から禁門の変
家茂上洛と浪士組結成/長州藩の攘夷実行と薩英戦争/激動する京都の政局/池田屋事件と新選組の功名/禁門の変と長州追放
コラム(江戸の三大道場と武芸復興/幕府が払った賠償金/各地の激化事件/神戸海軍操練所の設立・幕末の天皇の生活)
■幕末人物伝(1) 徳川家茂/板倉勝静/小笠原長行/清河八郎/佐々木只三郎/近藤勇/芹沢鴨/沖田総司/土方歳三/群像・新選組隊士/群像・人斬り四傑/佐久間象山/横井小楠/島津久光/毛利敬親/三条実美/中山忠光/久坂玄瑞
第2章 幕末の社会と世相
西洋文明との出会い/貿易と新興商人/治安の悪化と庶民生活/社会の不安と流行
コラム(開港場の賑わい/産業革命始まる/外国貿易が分けた明暗/風刺画で読み解く世相/幕末モノのはじめ考)
■幕末人物伝(2) 小栗忠順/川路聖謨/水野忠徳/ハリー・パークス/レオン・ロッシュ/ジョン万次郎/ジョセフ・ヒコ/群像・活動した外国人たち/群像・奮闘した商人たち/田中久重/松本良順/河竹黙阿弥/三遊亭円朝/上野彦馬/チャールズ・ワーグマ
第3章 下関戦争から王政復古
四国連合艦隊と下関戦争/一会桑政権と第1次長州征討/亀山社中と薩長同盟/第2次長州征討と幕府の敗北/慶喜の将軍就任と孝明天皇の急死/大政奉還から王政復古へ
コラム(留学と海外体験/長州藩と武器革命/会社の誕生/幕府の軍制改革と軍備/パリ万博の幕府と薩摩藩/龍馬暗殺の真相)
■幕末人物伝(3) 徳川慶喜/松平容保/松平定敬/松平春嶽(慶永)/伊達宗城/山内容堂(豊信)/鍋島直正/孝明天皇/岩倉具視/天璋院(篤姫)/和宮(静寛院宮)/群像・幕末の女性たち/高杉晋作/中岡慎太郎/武市瑞山(半平太)/坂本龍馬
第4章 戊辰戦争
鳥羽・伏見の戦い/江戸無血開城と上野戦争/北越・会津戦争/箱館戦争と戊辰戦争の終結
コラム(大坂城焼失の謎/偽官軍の顛末/新選組と戊辰戦争/外国人の見た幕末の日本
■幕末人物伝(4) 勝海舟/山岡鉄舟(鉄太郎)/大久保忠寛(一翁)/西郷隆盛(吉之助)/小松帯刀/大久保利通(一蔵)/桂小五郎(木戸孝允)/大村益次郎(村田蔵六)/有栖川宮熾仁/輪王寺宮公現/新門辰五郎/山本長五郎/榎本武揚/大鳥圭介/群像・最後の藩主たち/群像・薩長土肥の俊秀たち/群像・諸藩の英傑たち/群像・近代への橋渡しをした幕臣
終章 江戸が支えた近代日本
【幕末年表】
【参考文献】
【図版・史料所蔵者・写真協力者ほか】

A5判/192頁 本体1,500円(税込) 江戸文化歴史検定協会/編・発行

幕末から維新まで激動の時代を、豊富な図版を交えて、時系列に解説しています。文章も論文調ではなく読み物調の文体で書かれていて、読みやすいです。
また、表層的な理解に陥らないように、コラムと人物伝も豊富で、受検対策として、繰り返して読むのにも適しています。

奥付に、作家の誉田龍一さんがテキスト執筆者に名前を連ねていました。

なお、本書の販売は、書泉グランデや芳林堂書店、リブロなどのごく一部の書店店頭と「検定、受け付けてます」サイトからでのネット販売のみとなっています。

ほかに、幕末の歴史のお勉強用には、下記の2冊も入手しました。

■Amazon.co.jp
『幕末・維新―シリーズ日本近現代史〈1〉』(井上勝生・岩波書店)
『幕末史』(半藤一利・新潮文庫)


⇒江戸文化歴史検定

「2017年8月の新刊 下」をアップ

桃のひこばえ 御薬園同心 水上草介2017年8月21日から8月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年8月の新刊 下」を掲載しました。

今回は集英社文庫に注目しています。
梶よう子さんの『桃のひこばえ 御薬園同心 水上草介』は、『柿のへた』に続く、小石川御薬園同心の水上草介が活躍する連作時代小説シリーズの第2弾です。

草花の知識を活かし、人々の悩みを解決してきた草介。剣術道場に通うお転婆娘千歳に持ち上がった縁談を聞き、今度は自分が悩みの当事者に!?


草介は、薬草栽培や生薬の精製に携わる御薬園同心で、人並み外れた草花の知識を持つものの、のんびり屋の性格と、吹けば飛ぶような外見からか、御薬園の者たちには「水草さま」と呼ばれ親しまれています。

千歳は、御薬園を預かる芥川家のお転婆娘で、若い二人を中心に御薬園界隈で起きる事件や揉め事が描かれていきます。

海道龍一朗さんの『早雲立志伝』は、若き日の北条早雲を描いた長編小説で、角川文庫からも2013年7月に刊行されています。

北方謙三さんの『岳飛伝 10 天雷の章』も楽しみにしています。

■Amazon.co.jp
『柿のへた 御薬園同心 水上草介』(集英社文庫)
『桃のひこばえ 御薬園同心 水上草介』(集英社文庫)

『早雲立志伝』(集英社文庫)
『岳飛伝 10 天雷の章』(集英社文庫)

→2017年8月の新刊 下


『文蔵 2017.9』の特集は、真夜中にどっぷり浸りたい小説

『文蔵 2017.9』『文蔵 2017.9』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、幻想的作品からホラー、感涙作まで 真夜中にどっぷり浸りたい小説 です。

もうすぐ秋。
夜長に、独り読書に耽りたいという人も少なくないのでは?

今月号の特集では、つい夜更かししてしまうような魅惑的なおすすめ小説9編を、ライターで書評家の石井千湖さんが紹介します。
作家の森見登美彦さんと澤村伊智さんへのインタビューも収録しています。

時代小説ファンとしては、強力な連載が楽しみです。

葉室麟さんの「暁天の星」
あさのあつこさんの「おいち不思議がたり 飛翔篇」
山本一力さんの「献残屋佐吉御用帖 亀久橋のくま」
宮本昌孝さんの「天離り果つる国」

信長の時代を舞台にした、「天離り果つる国」に、白川郷帰雲城の城主として、内ケ嶋氏理(うちがしまうじただ)が登場します。
この内ケ嶋氏は、領地の鉱山経営で力をつけていきます。しかし、天正十三年(1585年)11月に、白川郷一帯を襲った大地震(天正地震)によって、内ヶ嶋一族含め領民は生き埋めにあって、死に絶えて滅亡します。

時代小説でこれまであまり描かれることがなかった、内ケ嶋氏の悲劇が、今後描かれていくのか気になります。
なお、内ケ嶋氏は金山を発見したともいわれ、大地震で一族滅亡したことから、埋蔵金伝説も残っています。


■Amazon.co.jp
『文蔵 2017.9』(PHP文芸文庫)

⇒『文蔵』ホームページ