勝海舟と新門辰五郎らヒーローが、江戸を守るために奔走

早瀬詠一郎(はやせえいいちろう)さんの文庫書き下ろし時代小説、『江戸大決戦 幕府瓦解の日』がコスミック・時代小説文庫より刊行されました。 「頭、いざとなったら江戸の町に火を付けてくれ」――慶応四年二月、陸軍総裁勝海舟は火消しの棟梁新門辰五郎に頼み込んだ。京で朝 …

江戸時代の大坂で商いの道を志す、主人公・幸から目が離せない

高田郁(たかだかおる)さんの人気シリーズ、『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇』。 延享二年(1745)。大坂天満の呉服商・五鈴屋の五代目徳兵衛こと、惣次は、江州波村を羽二重の産地として育て、その羽二重を五鈴屋が一手に広げようとした。しかし、ある事件をきっかけ …

第12回江戸検「今年のお題」参考図書で、幕末維新を学ぶ

2017年11月3日(金・祝)に開催される、第12回江戸文化歴史検定の「今年のお題」である、「疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで」の同名の参考図書を入手しました。 参考図書『疾走! 幕末・維新 新選組結成から戊辰戦争まで』(江戸文化歴史検定協会編集 …

「2017年8月の新刊 下」をアップ

2017年8月21日から8月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年8月の新刊 下」を掲載しました。 今回は集英社文庫に注目しています。 梶よう子さんの『桃のひこばえ 御薬園同心 水上草介』は、『柿のへた』に続く、小石川御薬園同心の水 …

『文蔵 2017.9』の特集は、真夜中にどっぷり浸りたい小説

『文蔵 2017.9』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、幻想的作品からホラー、感涙作まで 真夜中にどっぷり浸りたい小説 です。 もうすぐ秋。 夜長に、独り読書に耽りたいという人も少なくないのでは? 今月号の特集では、つい夜更かししてしまうような魅惑的な …