大正・昭和

大正・昭和

川越宗一さん、『熱源』で第162回直木賞受賞

第162回直木三十五賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が2020年1月15日(水)午後4時より築地・新喜楽で開催され、候補作5作品の中から川越宗一さんの『熱源』が受賞作に決まりました。 『熱源』は、樺太を舞台に、明治から太平洋戦争に...
大正・昭和

空と湖水 夭折の画家 三橋節子

時代小説の名手が描く、昭和四十年代を駆け抜けた女性画家 文藝春秋から刊行された、植松三十里さんの長編小説、『空と湖水 夭折の画家 三橋節子』を紹介します。 本書は、昭和五十年(1975年)二月、三十五歳の若さで亡くなった伝説の女性画...
大正・昭和

帝国ホテルライト館建設をめぐる、熱き人々の物語

植松三十里(うえまつみどり)さんの長編小説、『帝国ホテル建築物語』(PHP研究所)を入手しました。 本書は、世界的建築家、フランク・ロイド・ライトが設計し、大正時代を代表する建築物帝国ホテル2代目本館(通称「ライト館)の完成までの十年...
2019.10.14
大正・昭和

目黒区駒場で、加賀百万石と戦前の華族の暮らしに触れる

先日、京王井の頭線駒場東大前駅から徒歩8分にある駒場公園内にある、旧前田家本邸を見学してきました。 旧前田家本邸は、旧加賀藩主前田家16代当主の侯爵前田利為(としなり)侯の居宅で、昭和三年(1928)に建設されたもの。 家族の生...
ブックガイド

『大正の后 昭和への激動』をUP

植松三十里(うえまつみどり)さんの近現代小説、『大正の后 昭和への激動』(PHP文芸文庫)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 大正天皇の后(きさき)、貞明(ていめい)皇后節子(さだこ)様の波乱の生涯を描いた近現代小説です。 ...
2019.10.17
スポンサーリンク