2008-01

スポンサーリンク
江戸学

江戸文化歴史検定の新傾向とTV「ガリベン!」

江戸研究家で歴史家の安藤優一郎さんより、今年の江戸文化歴史検定の出題範囲が決まり、江戸文検の公式サイトに発表になったという情報を教えていただいた。 江戸文化歴史検定 第3回を迎える今年の江戸文化歴史検定は、11月3日の文化の日に実施され...
市井人情

「武者とゆく」シリーズに新キャラ登場

稲葉稔さんの『月夜の始末 武者とゆく【四】』を読んだ。手習い所の師匠で、元肥後藩の剣術指南を務めた桜井俊吾と愛犬の武者が活躍する文庫書き下ろし捕物シリーズの第四弾である。 月夜の始末 武者とゆく(四) (講談社文庫) 作者: 稲葉...
市井人情

人に薦めたくなる捕物小説『夜半の綺羅星』

安住洋子(あずみようこ)さんの『夜半の綺羅星(よわのきらぼし)』を読んだ。長塚節賞を受賞した『しずり雪』の姉妹編にあたる捕物小説である。前作もそうだが、安住さんの作品は一見して時代小説らしくないタイトルなので、注意深くチェックしていない...
2020.05.03
剣豪

「剣客春秋」―千坂道場、存亡の危機

鳥羽亮さんの『剣客春秋 濡れぎぬ』を読む。一刀流中西派の千坂道場を営む、千坂藤兵衛と里美の父娘が活躍する剣豪小説シリーズ「剣客春秋(けんかくしゅんじゅう)」シリーズの第四弾である。剣客の父と子が力を合わせて活躍する時代小説といえば、池波正...
江戸

無頼の天才と奸臣の郡代が和算対決

鳴海風(なるみふう)さんの『美しき魔方陣 久留島義太見参!』を読んだ。鳴海さんは、円周率の自乗の公式を発見した建部賢弘を描いた短篇『円周率を計算した男』で第十六回歴史文学賞を受賞したほか、和算(鎖国化の江戸時代に発達した日本独特の数学)の...