名古屋で、熱田神宮と七里の渡しを訪ねて

少し遅い夏休みを取って、名古屋と京都を訪れました。 名古屋では、以前から行ってみたかった熱田神宮詣でをしてきました。 熱田神宮は、歌川広重の「東海道五十三次」に「宮 熱田神事」として描かれ、東海道五十三次の41番目の宿場宮宿がありました。 熱田神宮の門前町とし …

とある秋の一日、森鴎外記念館にて

とある9月の週末に、千駄木にある、文京区立森鴎外記念館を訪れました。 記念館は建物の形がモダンで、タイポグラフィーに凝ったパンフレットもおしゃれです。 文京区立森鴎外記念館は、鴎外の旧居「観潮楼」跡地に、2012年11月1日に、鴎外生誕150周年を記念して開館 …

「2017年9月の新刊 下」をアップ

2017年9月21日から9月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年9月の新刊 下」を掲載しました。 安部龍太郎さんの『冬を待つ城』が新潮文庫より出ます。 秀吉軍15万VS籠城方3千。戦国最大の「奥州仕置き」に迫る歴史長編です。 小田 …

『文蔵 2017.10』のブックガイドは、「クライシス小説」

『文蔵 2017.10』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、未曾有の大災害、バンデミック、経済危機…… 「クライシス小説」に刮目せよ です。 地震、豪雨、火山の噴火など自然災害が多い日本。加えて、細菌やウィルスに感染したり、ヒアリなどの外来危険生 …

千の命を助けた、江戸の産科医賀川玄悦の生涯を描く傑作

植松三十里(うえまつみどり)さんの『千の命』(小学館文庫)が文庫化されて発売されました。江戸中期の産科医、賀川玄悦(かがわげんえつ)の生涯を描いた時代小説です。 2006年6月に講談社から刊行された単行本『千の命』を加筆改稿したものです。 彦根藩士の子、賀川玄 …