★時代小説

安政の大地震、その日を描く

杉本章子さんの『その日 信太郎人情始末帖』を読んでいる。毎回、江戸情緒、人の愛と憎しみを描き、ドラマティックな展開とあいまって、お気に入りのシリーズである。 火事の怪我がもとで視力を失った呉服太物店「美濃屋」の主・信太郎の身を案じるお...
未分類

江戸の最先端科学者、渋川春海の半生を描く

冲方丁さんの『天地明察』を読んでいる。碁打ちで算術家の安井算哲こと渋川春海のことは、この本を読むまでほとんど知らなかった。彼が取り組んだ改暦についても何も知らなかった。  改暦の儀。  貞享元年三月三日の今日。ついに帝は、かねてから誤謬...
★時代小説

藤沢さんが描く、小日向の風景

藤沢周平さんの『橋ものがたり』を読み終えた。十数年前に読んだときよりも、市井の男女の恋模様を面白く感じた。初読のときも面白いと思ったものだが、市井小説の真髄に触れた思いがする。自分がそれなりに年を重ねたせいかもしれない。 「小さな橋で...
iPad

iPad日本版で読みたいものは?

昨日予約していたiPadが会社に届き、週末家に持ち帰って、iPadアプリのインストールをしたり、あちこち触ったりしている。その前に、アメリカで発売されていたiPadをいじっていたので、最初のときより感動は薄い。 マスコミでの報道を見て...
★時代小説

つましい生活の中で、ささやかな幸せがある

藤沢周平さんの『橋ものがたり』を読み直している。タイトルどおりに江戸の橋を舞台にした10の短編を収録。十年以上前に一度読んでいるはずなのだが、ストーリーをすっかり忘れていて、初読のようなワクワク感を抱きながらページを繰っている。 「五...