読書録のアップが遅れていてすみません

週末を利用して実家に帰省していきました。 というわけで、また読書録の更新が滞り気味ですみません。 『八丁堀の火事』(佐伯泰英著)、『阿修羅』(梓澤要著)、『破矛』(上田秀人著)の3冊について、近日中に読書録をアップする予定です。今しばらくお待ちください。 八丁 …

千三百年前の奈良の都に思いを巡らせつつ

梓澤要(あずさわかなめ)さんの『阿修羅』を読み始めました。遷都1300年記念で今年注目されている、奈良。その奈良が最も輝いていた奈良時代を舞台にした時代小説です。 興福寺の阿修羅像のモデルになったといわれるのは、若き日の橘奈良麻呂。本書の主人公は、この奈良麻呂 …

「2010年本屋大賞」に冲方丁さんの『天地明察』

4月20日、「2010年本屋大賞」が発表されて、冲方丁(うぶかた・とう)さんの時代小説『天地明察』(角川書店)が大賞を受賞しました。『天地明察』は、江戸時代の天文学者渋川春海の半生を描いた時代小説です。 http://headlines.yahoo.co.jp …

「時代小説SHOW」と「ほぼ日刊時代小説」の役割

「時代小説SHOW」をWordPressベースに変えたことで、ブログ機能が使えるようになり、はてなダイアリーでやっている「ほぼ日刊時代小説」を今後どうしたらいいか、悩んでいました。 いままで蓄積してきたエントリーと、はてな独自のユニークで便利な機能とで、はてな …

時代小説ヒーローの金銭感覚と懐事情

歴史家・安藤優一郎さんの『鬼平の給与明細』を読みました。鬼平について触れられているのは第1章のみですが、鬼平を導入にしたことでとっつきやすく、武士の金銭感覚、懐事情を明らかにしていく試みで一気に読めました。 この本の読書録は、「ほぼ日刊時代小説」に移しました。 …