文庫●2021年2月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年2月中旬の新刊(11日→20日)

2021年2月11日から2月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

創元推理文庫から刊行される、山本巧次さんの『開化鉄道探偵』に注目しています。
明治12年。元八丁堀同心の草壁賢吾は、鉄道局局長・井上勝の命を受けて、建設中の鉄道の工事現場で続発している、不審な事件の調査する依頼を受けました。明治の鉄道ミステリーです。

ハルキ文庫・時代小説文庫から、高田郁さんの『あきない世傳 金と銀(十) 合流篇』が出ます。
呉服太物商でありながら、呉服仲間を追われ、呉服商いを断念した五鈴屋江戸本店。しかしながら、幸や奉公人たちは、新たな商運の芽生えを信じ、職人たちと知恵を寄せ合って、これまでにない浴衣地の開発に挑みます。

講談社文庫の新刊は、今月も注目作がいっぱいです。

風野真知雄さんの『潜入 味見方同心(三) 五右衛門の鍋』
大泥棒たちが集まる秘密の会で供される「五右衛門鍋」は驚くほどにうまいらしい。鍋から導き出した驚天動地の悪事とは? 「味見方同心」シリーズ潜入篇第三弾

岡本さとるさんの『質屋の娘 駕籠屋春秋 新三と太十』
乗って安心と大評判の新三と太十が舁く駕籠に思わぬ依頼。悪評絶えない男に拐かされた質屋の娘を救い出し、運ぶというもの。無事に親許へ届けた二人でしたが、後日、娘と軟禁男の密会を目撃してしまいます。

夏原エヰジさんの『Cocoon3 幽世の祈り』
瑠璃を吉原に売った義理の兄は、「黒雲」と敵対する組織・鳩飼いの一員でした。黒雲はなんのために存在しているのか。昼は花魁、夜は鬼斬り。瑠璃が活躍する、和風ファンタジー第3弾!

岩井三四二さんの『室町もののけ草紙』が、集英社文庫から出ます。

室町末期。ふと人心に魔が差す様子を、もののけの所業になぞらえた短編小説集。8代将軍足利義政の妻・日野富子を中心に、彼女にかかわる男たちを描きます。『天魔の所業、 もっての外なり』を改題して文庫化したもの。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●2月12日発売 講談社・講談社学術文庫
『中国の歴史8 疾駆する草原の征服者 遼 西夏 金 元』杉山正明『中国の歴史8 疾駆する草原の征服者 遼 西夏 金 元』
●2月12日発売 東京創元社・創元推理文庫
『開化鉄道探偵』
→記事:明治の鉄道黎明期に起こる怪事件に、元八丁堀同心が挑む
山本巧次『開化鉄道探偵』
●2月12日発売 河出書房新社・KAWADE夢文庫
『逆転無罪!日本史をザワつかせた悪人たち』河合敦『逆転無罪!日本史をザワつかせた悪人たち』
●2月12日発売 大和書房・だいわ文庫
『こんなに面白かった日本神話』松前健『こんなに面白かった日本神話』
●2月13日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『比較歴史制度分析 上』アブナー・グライフ『比較歴史制度分析 上』
『比較歴史制度分析 下』アブナー・グライフ『比較歴史制度分析 下』
●2月15日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『あきない世傳 金と銀(十) 合流篇』
→記事:「2021年2月中旬の新刊(文庫)」をアップ
高田郁『あきない世傳 金と銀(十) 合流篇』
●2月15日発売 講談社・講談社文庫
『潜入 味見方同心(三) 五右衛門の鍋』風野真知雄『潜入 味見方同心(三) 五右衛門の鍋』
『質屋の娘 駕籠屋春秋 新三と太十』岡本さとる『質屋の娘 駕籠屋春秋 新三と太十』
『四谷の弁慶 公家武者信平ことはじめ(三)』佐々木裕一『四谷の弁慶 公家武者信平ことはじめ(三)』
『罰当り 大江戸閻魔帳(五)』藤井邦夫『罰当り 大江戸閻魔帳(五)』
『Cocoon3 幽世の祈り』夏原エヰジ『Cocoon3 幽世の祈り』
『帰蝶さまがヤバい 2』神楽坂淳『帰蝶さまがヤバい 2』
●2月18日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2021.3』
→記事:『文蔵2021.3』特集は、小説に見る「新しい働き方」
「文蔵」編集部編集『文蔵2021.3』
●2月19日発売 集英社・集英社文庫
『室町もののけ草紙』岩井三四二『室町もののけ草紙』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年2月の新刊 上(1日→10日)2021年2月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2021年2月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年2月の新刊(1日→末日) 2021年2月1日から2月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...