文庫●2020年4月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年4月中旬の新刊(11日→20日)

緊急事態宣言の発令にともなって、大型書店の休業や新刊の刊行予定が遅延することがあります。ご了承ください。

2020年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

光文社文庫から、辻堂魁さんの『夜叉萬同心 風雪挽歌』が刊行されます。

北町奉行が異例の若さで定廻り同心に抜擢した、萬七蔵。袖の下を使った出世だと噂が広がる中、深川の貸元が何者かに殺害される。七蔵はあと一歩まで下手人を追い詰めるが……。

今月も、講談社文庫の新刊が楽しみです。

門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』は、第158回直木賞受賞作の待望の文庫化です。天才・宮沢賢治を、父・政次郎の目を通して描いた作品です。

風野真知雄さんの『潜入 味見方同心(二) 陰膳だらけの宴』は、人気シリーズの続編「潜入編」の第2弾です。将軍暗殺の企てを探るため、魚之進は南町奉行・筒井和泉守に連れられて生まれて初めて江戸城に入ります。

時代小説文庫からは、岡本さとるさんの『胎動 熱血一刀流(二)』が出ます。

自らの道場を開いた小野派一刀流の剣客・中西忠太は、来るべき仕合に勝つことを目指し、剣術に明け暮れる充実の日々を過ごしていた。剣豪人情小説第二巻です。

佐々木功(ささきこう)さんの『家康の猛き者たち 三方ヶ原合戦録』は、愛槍「蜻蛉切」を操る徳川軍団随一の武者、本多平八郎忠勝を描くエンターテインメント歴史時代小説です。

双葉文庫の新刊も注目です。

岡田秀文さんの『足利兄弟』
室町幕府を開いた足利尊氏と彼を支えた弟・直義。北条家から尊氏に嫁ぎ、夫によって実家を滅ぼされた妻・登子の視点で描く長編歴史小説です。

鳴神響一さんの『エスパーニャのサムライ 天の女王』
17世紀、エスパニア(スペイン)の地を踏んだ慶長遣欧使節のなかに、彼の地に止まった二人のサムライがいました。現代セビーリャと絢爛たる往時のマドリードを舞台に描く歴史冒険活劇です。

祥伝社文庫から出る、木村忠啓さんの『虹かかる』が楽しみです。素浪人、手妻師、花火師、隠居老人などくせ者だらけの七人の男が、四百人の軍勢と戦う、書き下ろし時代小説。

今月の集英社文庫もホットです。

梶よう子さんの『花しぐれ 御薬園同心 水上草介』
草花栽培、生薬精製につとめる御薬園同心・水上草介を主人公に、幕末の江戸を舞台に繰り広げられる、青春時代小説シリーズ最終刊です。

細谷正充さんの編による『新選組傑作選 誠の旗がゆく』は、2003年に刊行された、新選組小説アンソロジーの新装版です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

文蔵 2020.4』” width=”100″ height=”100″/>

●4月11日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『中国禅宗史: 「禅の語録」導読』小川隆『中国禅宗史: 「禅の語録」導読』
●4月11日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『秘本大岡政談: 井上ひさし傑作時代短篇コレクション』井上ひさし『秘本大岡政談: 井上ひさし傑作時代短篇コレクション』
●4月12日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『仕事に効く教養としての「世界史」』出口治明
●4月14日発売 光文社・光文社文庫
『破斬 決定版: 勘定吟味役異聞(一)』上田秀人『破斬 決定版: 勘定吟味役異聞(一)』
『大名 鬼役(二十九)』坂岡真『大名 鬼役(二十九)』
『夜叉萬同心 風雪挽歌』
→記事:若き夜叉萬同心が出合った、最初の難事件に決着をつけよ
辻堂魁『夜叉萬同心 風雪挽歌』
『御城の事件: 〈西日本篇〉』二階堂黎人編『御城の事件: 〈西日本篇〉』
『夜の牙 決定版: 八丁堀つむじ風(四)』和久田正明『夜の牙 決定版: 八丁堀つむじ風(四)』
『うらぶれ侍 決定版: 研ぎ師人情始末(四)』稲葉稔『うらぶれ侍 決定版: 研ぎ師人情始末(四)』
●4月15日発売 講談社・講談社文庫
『大酒の合戦 下り酒一番(四)』千野隆司『大酒の合戦 下り酒一番(四)』
『銀河鉄道の父』門井慶喜『銀河鉄道の父』
『潜入 味見方同心(二) 陰膳だらけの宴』
→記事:魚之進が特命で潜入した江戸城で、毒見の鬼役がころり
風野真知雄『潜入 味見方同心(二) 陰膳だらけの宴』
●4月15日発売 双葉社・双葉文庫
『はぐれ長屋の用心棒(48)-居合の女』鳥羽亮『はぐれ長屋の用心棒(48)-居合の女』
『口入屋用心棒(46)-江戸湊の軛』鈴木英治『口入屋用心棒(46)-江戸湊の軛』
『蘭方医・宇津木新吾(11)-遺文』小杉健治『蘭方医・宇津木新吾(11)-遺文』
『三河雑兵心得-旗指足軽仁義』井原忠政『三河雑兵心得-旗指足軽仁義』
『足利兄弟』
→記事:鎌倉幕府を倒し、室町幕府を作った、足利尊氏と直義の愛憎劇
岡田秀文『足利兄弟』
『エスパーニャのサムライ 天の女王』
→記事:「2020年4月中旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:伊達のサムライが17世紀スペインで躍動する、痛快冒険活劇
→記事:エスパーニャを救え、歌姫を守れ! サムライの冒険活劇
鳴神響一『エスパーニャのサムライ 天の女王』
『皇帝陛下の美食王膳 陽春国宮廷料理帖』和泉桂『皇帝陛下の美食王膳 陽春国宮廷料理帖』
『銭形平次捕物控 傑作集五-江戸風俗篇』野村胡堂『銭形平次捕物控 傑作集五-江戸風俗篇』
●4月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『胎動 熱血一刀流(二)』
→記事:江戸剣術界に旋風を巻き起こす、中西忠太とやさぐれ剣士達
→記事:一刀流・中西忠太、直心影流・長沼四郎左衛門に教えを乞う
岡本さとる『胎動 熱血一刀流(二)』
『からくり夢殺し ゆめ姫事件帖』和田はつ子『からくり夢殺し ゆめ姫事件帖』
『家康の猛き者たち 三方ヶ原合戦録』
→記事:徳川軍団随一の武者、本多平八郎を描くエンタメ歴史時代小説
→記事:家康、飛躍の敗戦、三方ヶ原合戦で徳川軍団はいかに戦ったか
佐々木功『家康の猛き者たち 三方ヶ原合戦録』
●4月15日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『母の祈り 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『母の祈り 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『葵の若様 腕貸し稼業』工藤堅太郎『葵の若様 腕貸し稼業』
『虹かかる』
→記事:七人の男たちが四百人の軍勢を迎え撃つ、天保時代活劇
→記事:愛妻家の浪人が、二十年ぶりの故郷・常陸で見た夢とは
木村忠啓『虹かかる』
『必殺闇同心 夜盗斬り』黒崎裕一郎『必殺闇同心 夜盗斬り』
●4月15日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『京都の謎〈幕末維新編〉』高野澄『京都の謎〈幕末維新編〉』
●4月17日発売 集英社・集英社文庫
『花しぐれ 御薬園同心 水上草介』
→記事:流行り病が広がる中で御薬園に立ちはだかる、目付鳥居耀蔵
→記事:コロナ禍を経験した今、読みたい、心を癒す医療時代小説
梶よう子『花しぐれ 御薬園同心 水上草介』
『新選組傑作選 誠の旗がゆく』細谷正充編『新選組傑作選 誠の旗がゆく』
●4月17日発売 彩図社
『日本史の黒幕: 歴史を翻弄した45人の怪物たち』歴史ミステリー研究会『日本史の黒幕: 歴史を翻弄した45人の怪物たち』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年4月の新刊 上(1日→10日)2020年4月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2020年4月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年4月の新刊(1日→末) 緊急事態宣言の発令にともなって、大型書店の休業や新刊の刊行予定が遅延することがあります。ご注意ください。 2020年4月1日から4月30日の間に、単行本で刊行される時代...