注目

スポンサーリンク
人物

歴史伝奇のレジェンドが描く、骨皮道賢と応仁の乱の地獄模様

『血と炎の京 私本・応仁の乱』|朝松健|文春文庫 朝松健(あさまつけん)さんの文庫書き下ろし時代小説、『血と炎の京(みやこ) 私本・応仁の乱』(文春文庫)を入手しました。 伝奇歴史時代小説のレジェンド、朝松健さんの最新作が文春文庫か...
戦国

2020年【文庫書き下ろし】時代小説ベスト10を発表

「時代小説SHOW」による、2020年文庫書き下ろし時代小説のベスト10を発表しました。 Amazonでの発売日もしくは奥付表記が2019年11月1日から2020年10月31日発行の時代小説作品(シリーズ)で、文庫書き下ろし作品を対象...
2021.01.16
人物

西郷と大久保の最期に関わった、二人の加賀藩士の明治維新

『西郷の首』|伊東潤|角川文庫 伊東潤さんの長編歴史小説、『西郷の首』(角川文庫)を入手しました。 本書は、大久保利通を暗殺した島田一郎と、西南戦争で自刃した西郷隆盛の首を発見した千田文次郎。二人は、元加賀藩士で、竹馬の友でした。 ...
単行本

「2021年1月の新刊(単行本)」をアップ

『高瀬庄左衛門御留書』|砂原浩太朗|講談社 2021年1月1日から1月末日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年1月の新刊(単行本)」を掲載しました。 今月は、講談社から刊行される、砂原浩...
ユーモア

偽者吉良上野介と不忠の大石内蔵助が繰り広げるお笑い忠臣蔵

『身代わり忠臣蔵』|土橋章宏|幻冬舎時代小説文庫 土橋章宏(どばしあきひろ)さんの長編時代小説、『身代わり忠臣蔵』(幻冬舎時代小説文庫)を入手しました。 2020年最後の投稿となりました。1年間、ご愛読いただきましてありがとうござい...