草笛の剣 上・下

草笛の剣 上
草笛の剣 上・下
(くさぶえのけん・じょうげ)
津本陽
(つもとよう)
[剣豪]
★★★★☆

津本さんの得意の紀州もの。『新陰流 小笠原長治』を思わせるボーダレスな剣豪ロマン小説。

四部構成で、第一部は孫二郎の雑賀での幼年時代を描く。秀吉に対する雑賀衆の抵抗ぶりがみもの。戦国歴史小説。第二部は、孫二郎の青春と秋山権兵衛ら無頼仲間との友情を描く。盗賊の深沢甚内らが絡み伝奇小説の要素が強い。

第三部は、孫二郎が江戸で孤高の剣客・佐野綱正に新陰流の極意に触れる。剣術の修行ぶりや剣法論議など剣豪小説の趣きがある。

第四部は、孫二郎と無頼仲間たちが、南の海を目指す海洋小説といったところか。出雲のお国、南蛮貿易商りゅうせい、明の総哨官・陳碩猷など興味深い登場人物が物語に色彩を加えている。さまざまな味が楽しめるお得な時代小説である。

第三部で描かれる、慶長期の江戸の街が粗野で田舎染みていて危険でエネルギッシュで、何とも新鮮。ドキドキしてしまった。

物語●彦作(後の孫二郎)は、紀伊雑賀衆の年寄衆のひとりで海上交易にも力を入れていた岡崎孫二郎大夫吉次の次男として、紀伊国雑賀荘で生まれる。幼き日に、羽柴秀吉の雑賀・根来征伐で、父や兄など家族を失い、根来の鉄砲隊長で近隣に知られた武芸の達人「小みっちゃ」に育てられることになる…。

目次■雑賀荘/走り者(以上上巻)|江戸/南蛮(以上下巻)

装画:安里英晴
解説:薗田香融
時代:天正十三年(1585)
場所:雑賀荘和歌浦市町、太田城、奠供山、柿山、京・二条柳町、竹田、江戸・道三堀本町ほか
(文春文庫・各514円・00/05/10第1刷・上319P、下319P)
購入日:00/05/21
読破日:00/07/01

Amazon.co.jpで購入