『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

千葉周作 上・下

千葉周作 上
千葉周作 上・下
(ちばしゅうさく)
津本陽
(つもとよう)
[剣豪]
★★★★☆

江戸後期を代表する剣客千葉周作の生涯を描く剣豪小説の傑作。浅利又七郎、高柳又四郎、中西忠兵衛子正、白井亨、寺田五郎右衛門、大石進、大石進士、男谷精一郎、桃井春蔵、岡田十松(二代目・三代目)、斎藤弥九郎、斎藤新太郎、斎藤歓之助、百合本昇三、海保帆平、伊庭軍兵衛ら、習作と関わり合いのある、錚々たる剣客も登場する。

剣道と居合いをされる作者らしく、剣戟シーンが迫力があって素晴らしい。ただ、読み手(わたし)が理解力不足というか、うまくイメージできないというか、のために隅々まで堪能できないのが残念。この時ほど、剣道をやっていればよかったと思ったことはない。

物語●陸前国栗原郡荒谷村の豪農の孫、於菟松(後の千葉習作)は祖父吉之丞が創設した北辰夢想流の剣術を習っていた。父幸右衛門は、秋田藩の剣術指南役を務めたのちに、故郷荒谷村に戻り、農事と医業を営んでいた。十五歳のとき、仙台藩で行われた十八歳以下の若者120人による剣術の勝抜き試合に参加することになった…。

目次■芽ばえの頃/立志のとき/百錬自得/登竜門(以上上巻)|夢想剣/伊香保の喧嘩/玄武館/桜花らんまん/去ってゆく星/解説 小川和佑(以上下巻)

カバー:蓬田やすひろ
解説:小川和佑
時代:寛政十年(1798)、習作5歳
場所:荒谷村、仙台、松戸、神田松永町、浜町河岸、根津、高崎、日本橋品川町、神田お玉ヶ池
(角川文庫・各495円・各98/09/25第1刷・上297P、下312P)
購入日:98/09/26
読破日:98/10/14

Amazon.co.jpで購入