八州狩り 夏目影二郎赦免旅

[amazon_image id=”4537080930″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]八州狩り―夏目影二郎赦免旅 (日文文庫)[/amazon_image]
八州狩り 夏目影二郎赦免旅

(はっしゅうがり・なつめえいじろうしゃめんたび)

佐伯泰英

(さえきやすひで)
[伝奇]
★★★☆☆

『密命』シリーズ(祥伝社文庫)で、切れ味のいいエンターテインメント時代小説を書いている、佐伯さんの最新文庫。日本文芸社の日文文庫という、時代小説では馴染みの薄いところから出している。

主人公の夏目影二郎は、国定忠治と結託し、何かを起こそうとしている八州廻りを探り出し、処置することを父の勘定奉行豊後守秀信から命じられる。影二郎は、鏡新明智流の桃井春蔵道場で師範代を務める剣の達人ながら、継母に嫌われ、無頼の仲間に入る。そこで、吉原の遊女・萌と愛し合うことになる。

面白い小説に欠かせない、ヒロインとして、みよ、しず女、萌の妹・若菜が登場する。

物語●愛する遊女の仇として悪徳岡っ引・聖天の仏七を刺殺し、遠島の刑が決まった江戸無宿人・影二郎。その処分を控え、囚獄・石出帯刀に呼び出された影二郎は、そこで実父の常磐豊後守秀信と会った。秀信は、新任の勘定奉行で、関八州取締出役を取りまとめる地位にあった。…。

目次■第一話 炎上赤城砦|第二話 日光社参|第三話 血風黒塚宿|第四話 八州殺し|第五話 水府潜入|第六話 決闘戸田峠

jacket photograph:ORION PRESS
jacket design:リトルフット
時代:天保七年(1836)五月
場所:武州中瀬村、赤城山、日光、芳賀郡桜町、黒塚、那珂湊、水戸ほか。
(日本文芸社・562円・00/04/25第1刷・351P)
購入日:00/04/19
読破日:00/05/03

Amazon.co.jpで購入 [光文社文庫あり]