天皇家の忍者

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
天皇家の忍者

(てんのうけのしのび)

南原幹雄

(なんばらみきお)
[伝奇]
★★★☆☆☆

天皇家と忍びというと、隆慶一郎さんの『花と火の帝』(講談社文庫)の八瀬童子(やせどうじ)・岩介を思い出す。

この南原作品では、八瀬のライバルとして、かつて後白河法皇の駕輿丁に命じられた静原(しずはら)の冠者(かんじゃ=若者)を登場させ、静原の側から描いている。静原VS.八瀬という闇の対決と、朝廷(後水尾天皇)VS.幕府(徳川秀忠)という威信をかけた駆け引きがドキドキものである。とくに、秀忠のヒールぶりがいい。

物語●洛北の静原村は、代々朝廷の役目をおおせつかってきたが、後醍醐天皇が八瀬村に綸旨を与えてからその役目を解かれて、長年屈辱に甘んじ、憎しみをいだいてきた。朝廷につかえる役目を取り戻すことが、鞍馬での忍術をはじめ諸修行を終えて静原に戻ってきた竜王丸に課せられた使命だった。八瀬村が秘蔵する後醍醐天皇の綸旨を探索していた竜王丸は、ある日、八瀬を率いる釈迦童子の娘・若菜と知り合い、恋に落ちた…。

目次■静原の冠者/八瀬の娘/暗殺/京都所司代/御付武士/夜這い/四季の間/九条関白/鯖街道/寛永時代/御前会議/桔梗/静原葬儀/大御所上洛/寂光院/女間者/紫衣事件/遷都着工/密勅/江戸新都/東福門院

装幀:安彦勝博
画像処理:中野和彦
時代:元和四年
場所:京・静原、八瀬、五条坂、御所、江戸・上野ほか
(東洋経済新報社・1,800円・99/07/22第1刷・404P)
購入日:99/07/10
読破日:99/10/24

Amazon.co.jpで購入 [文庫あり=新潮文庫]